月収100万コンサルタントになる現実的な方法

From:宮川徳生

コンサルタントにしろ
セールスライターにしろ
この仕事を続けていく限り
ずっとやらなくてはいけないことが1つあります。

 

それがクライアント獲得です。

 

ハッキリ言いますが
どんな契約も必ず終りが来るので
クライアント獲得活動を
やめることはできません。

 

寝て待ってれば
次の仕事が来るわけではありませんからね。

 

だからこそ
好むと好まざる関係なく
新しいクライアントを獲得するための活動に
終わりはないのです。

 

ですが、ぶっちゃけた話
クライアント獲得活動って
決して楽ではありません。

 

僕も散々経験していますから
本当にこれは大変な事だと思います。

 

で、問題なのは
どうやってクライアントを
獲得し続けるかってことなんですが…

 

ここで多くの人が
大きな間違いを犯してしまいます。

クライアント獲得の大きな間違い

というのも、多くの人は
「何」をやればうまくのかにフォーカスしてしまいます。

 

例えば、ちょっと前なら
LINEがうまくいくと盛り上がっていたので
みんなこぞってLINEを始めたり…

 

つい最近では
Clubhouseがうまくいくと聞いたら
それを始めてみたり…

 

今ならzoomがうまくいくから
Zoomセールスをやってみたり…

 

もちろん
その手法自体がダメなわけではないんですが
ここに大きな盲点が隠されているんです。

 

ちょっと想像してほしいのですが…

 

例えばの話
もし仮にあなたが営業がメチャクチャ苦痛だったとして
営業がうまくいくからといって営業をやり続けられるでしょうか?

 

おそらく
やり続けることは不可能なんじゃないでしょうか?

 

でも、冒頭でお伝えしたように
クライアント獲得はやり続けなくてはいけないことです。

 

苦痛を感じる方法を
この先ずっとやり続ける…

 

そんな事が出来る人は
ほとんどいないと思います。

 

僕自身、駆け出しのころ
社長の集まりとかに顔を出してとかやっていましたが
僕は社交性が本当にゼロなので
この方法は苦痛で苦痛で仕方ありませんでした。

 

なので、当然
成果はほとんどでませんでした。

 

なので、この方法をやり続けのは無理と判断して
社交性ゼロの人間でも出来る方法を探して
そこに注力していきました。

 

で、その結果
今があるわけです。

 

もしあの時
苦痛に感じる方法を
いやいややり続けていたとしたら…

 

きっと今の僕はないでしょう。

 

でもこれは
そうした活動がダメってわけじゃありません。

 

僕の性格とか適正を考えた場合
あってないやり方だったのです。

 

でも逆に
社長の集まりとかに顔を出して
関係性を作るのが得意な人にとっては
最高のクライアント獲得活動です。

自分に合わない方法でやっても上手くいかない

つまり、クライアント獲得ってのは
自分がやり続けられる方法を選択しないと
そもそも長期的にはうまくいかないのです。

 

あなたが今選択している
クライアント獲得活動は
本当にあなたにあったやり方なのか?

 

もし、今の方法が
苦痛で苦痛で仕方ないのなら
思い切って別の方法を選択してみてください。

 

うまくいくやり方を探すのではなく
あなたが続けられる方法を見つける。

 

この視点をもつことで
クライアント獲得は
思いのほかうまくいったりしますから。

 

PS.
今日の動画では
自分にあったやり方で
どうやって月収100万を達成するのか?

 

不都合な真実にはなるのですが
超現実的な方法について
お伝えしています。

 

ぜひ、続きは動画でチェックしてください。

コメントを残す


CAPTCHA