○○○で説得力が1000倍UP

From 古川馨


ちょっとクイズです


買うときには超重要視されるのに
売るときには何故か重視しないもの
って何でしょう?


きっとこれはあなたも
買う時には絶対に
重要視しているはずです。


というか、世の中のほとんどの人が
めちゃめちゃ気にしているんじゃないかな。


厳密には買うときというか
何かを買う前にすること。


わかりましたか?


それは、、、
「お客さんの声」


Amazonで買うにも楽天で買うにも
クチコミやレビューって見ますよね。
家電量販店で新しい電化製品を買うとしても
まずは価格ドットコムや比較サイトなどの
評判や使い心地をチェックすると思います。


つまり、何かを買う時って
すでにそのその商品を
使った人の意見を参考にしています。


これは日用品に限ったことでもなく
レストランや居酒屋
ホテルや美容室
旅行代理店や結婚式場などなど


どんなお店やサービスでも
初めていくところは
クチコミやレビューが気になりますよね。
評判を気にするはずです。


それ以外でも
BtoBの商品・サービスで気になっているものだって
誰か知り合いの勤め先で導入していないか
聞いてまわったり、検索して評判を
探してみたりすると思います。


どんなにそのメーカーや店員、
取引先から詳しい説明があったとしても
やっぱり自分でクチコミやレビュー
お客様の声なんてものを
調べるんじゃないでしょうか?


商品名+評判
などと検索したことは
誰でも一度はあるでしょう。


要するに僕たちがものを買う時って
必ず、すでにその商品を買った人
そのサービスを利用した人の
意見をもとに決定されているってこと


誰だって失敗したくないですもんね。


でもおかしいですよね。
あったこともない、見たこともない
匿名の誰かもわからない人の意見に
購入を左右されるなんて


とはいえ、
お店のスタッフやメーカーの話は
売り手側の視点での意見なので
消費者とはまた視点が違います。


実際に使ってみてわかる
良さや問題点
悩みが商品で解決した時の開放感
これは経験者でしかわからない。


どうしても買った人にしか
買う側にしかわからない
共感できないってことがある


なので、
売り手じゃない購入者、利用者の意見が
知りたいわけなんです。


ダン・ケネディも著書
「億万長者の不況に強いセールス戦略」の中で
次のようにセールスの真実として
次のような言葉を残しています。

ーーー
あなたやその商品、サービス、
ビジネスについての他人のコメントは、
あなた自身が言うことより
少なくとも1000倍は説得力がある。
たとえあなたが、今より2000倍雄弁になるとしても
ーーー


だから、お客の声っていうのは
もっと積極的に
セールスに使った方が
モノは売りやすくなるはずなんです。


何せ買い手は、その声を求めているので。


でも、あまりお客の声を積極的に
集めている企業も
使って売っている企業も少ない。


簡単なお客様アンケートや
簡易的なクチコミやレビューは集めていても
お客さんに直接インタビューしたり、
話を聞いたものを使っている企業は
あんまりありません。



それでも物販ならテレビショッピングや
通販系のサプリや健康食品系が
積極的にお客の声を使っていますよね


BtoBでも一部の企業は
導入事例という形で
しっかりとしたお客の声を載せています。


ダンの言葉にもあるように
「お客の声」を売るときに
上手く活用できれば
もっと楽に売れるはずなのに
もったいないと思いませんか?


何せ自分たちが売り込むより
1000倍の説得力です


なので、
もし、あなたがお客の声を積極的に
集めていないなら、まずはそこから。

そして、できるだけ具体的に語っている
お客の声を集めること。


「良かった」「美味しかった」といった
全く詳細がわからないレベルの感想を
集めても意味がありませんからね。


ぜひ、お客の声を上手く活用して
今よりももっと売れる仕組みを
作っていきましょう。


ps.
もし、あなたがお客の声を集めても
どうやって活用したらいいのかわからない、、、

あるいは、すでにお客の声はあるけど、
どうやって売りに使うの?
と疑問に思っているなら

これが解決のヒントになるかもしれません
↓
http://saleswriter.co.jp/customer-testimonials-template/

コメントを残す


CAPTCHA