追い詰められた時でも記事書く方法

セールスライター

From:羽田空港の待合い所より

締め切りまでに時間がない、、、

それなのに記事ができていない。

迫り来る時間…
焦る自分…

そんな時は、どうするか。

徹底的にこれをやります。

それは…

成功事例を取り入れる

はい。それは過去にうまくいっている成功事例を自分に置き換えて取り入れること。

セールスライティングやマーケティングを学び始めた時によくある。と聞くのが、「私のビジネスには使えない。」

「それは〇〇さんだからできたんでしょ?」

でも実際はどんな成功事例も自分自身の状況に置き換えることで、必ず取り入れることができます。

ちょうど今私は過去に人がうまくいった事例を取り入れてこの記事を書いています。

それは、この記事。

[緊急事態発生|(https://saleswriter.co.jp/emergency/)

見事に締め切り目前のピンチを切り抜けたセールスライターの全貌が書かれています。

「ネタがないなら、ネタになれ!」

まさか自分で使う時が来るとは思いもしませんでした。

 

と、これは少し砕けた例ではありますが、通常の記事でも書けなくて追い詰められた時ほど、何か取り入れられるものはないか?

それを探します。

生み出さないで、取り入れる

 

正直、自分自身で全くのゼロから何かを生み出して記事を書くことはとても困難。

でも、セールスレターを書くときにスワイプが重要なように、そのほかの場面でも行動や、発想をスワイプしていくこともとっても重要。

今回は「ネタがないなら、ネタになれ!」

そんな成功事例を取り入れた結果、締め切り目前で追い詰められた状況を脱する事が出来ました。

なので、

一体どうしたらいいんだろう?

と困ってしまった時は、成功事例を自分に置き換えてみてください。

思わぬ突破口が見つかるかもしれません。

PS

セールスライター達が困難を切り抜けていった事例をみたい方はこちら