もう悩まない!?「超」簡単なネタの集め方

From:小野裕史

ーーー
この記事は動画でもご覧になれます
動画で見たい方は最下部へどうぞ
ーーー

ブログやコンテンツを書いていると、
書くためのネタが足りない…。

そのように感じることはありませんか?

個人的にはいつも書くための
ネタを欲しています(笑

 

個人ブログであれば日記のように、
その日の振り返りを思いついたままに
書けばいいかもしれません。

でもセールスライターの仕事として
ブログやコンテンツを書くのであれば、
テーマを決めて書いていると思います。

 

そしてブログやコンテンツを書く時に
よくある悩み。

それが

今日は何を書こう?
明日は何を書こう?

という悩みですよね。

 

事前にネタを決めておこうと思っても、
リサーチばかりで決まらない…。

そのように感じている方も
多いのではないでしょうか?

そこで以前の記事では
普段の出来事をメモしておく
という内容をお伝えしました。

書けない原因と解消法

今回は「普段の出来事」に加えて、
私もやっている簡単なネタ探しの
方法をシェアしたいと思います。

簡単なネタ探し、2つのポイント

ポイントは2つ。

その1 競合サイト

自分のコンテンツと同じような情報を
発信しているポータルサイトを
10個以上見つけてブックマーク


10個である必要はありませんが
多ければその分ネタが広がります

 

その2 記事のKW

複数のポータルサイトからコンテンツで
使われているキーワードだけ抽出する

このたった2つだけです。

 

それだけ?

 

って思ったあなた。
あなどってはいけませんよ。

書くべきキーワードが決まっていれば、
リサーチに時間をかけても
書く内容が決まらない。

そんな悩みもなくなります。

何よりも書く内容が決まっているので
リサーチした分だけ質が上がります。

 

例えば、、、

あなたがセールスライティングについて
ブログやコンテンツを書いているなら

 

The Sales Writerで書かれている記事の
キーワードを「パクる」
こともできます。

もう少しだけ突っ込んでみると
「この記事」でのキーワードは

・セールスライティング
(もしくはコンテンツ・ブログ)

・ネタの集め方

 

みたいな感じです。

注)
この記事に限らず、
記事の内容を「パクる」のは
お控えください(笑

 

今回のキーワードである
「ネタの集め方」が使そうだと感じたなら

あなた自身がやっているネタの集め方を
思い返すだけで記事にできます。

 

または「ネタの集め方」をリサーチして
まとめることで1つの記事にもできます。

たったこれだけで1コンテンツの
出来上がりです。

 

私もリサーチとネタ探し、
記事執筆や編集まで行うと2〜3時間など、
まとまった時間がかかります。

しかし事前にネタが決まっていれば、
早ければ記事は10分〜20分程度。

そこから編集やアイキャッチの作成、
メディアへの実装作業までしても
1時間もかけずに完成します。

 

日常だけではネタが足りない…

そのように感じている方は、
参考になりそうな競合サイトから
キーワードだけ拝借してみる。

そんな方法も試してみては
いかがでしょうか?

 

PS
この記事は「日常」のメモから
作成しています。

PPS
ブログやコンテンツを書くときには
こちらの記事も、ぜひご覧ください。

ブログを書くのがめっちゃ楽になる方法

コメントを残す


CAPTCHA