セールスライターが「ゾッとする話」2018年上半期個人的ベスト1

セールスライターがゾッとした話

From:植田 祐司
東京月一講座会場近くの、とある表参道のカフェより。

世の中には、その職業ならではのゾッとする話があります。

  • タクシーに乗せたはずの女性客が、いつの間にか消えてシートがビショビショに・・・
  • 長距離トラックが深夜の高速道路を走っていると老婆が並走して・・・
  • 誰もいない病室から深夜にナースコールが鳴る・・・

我々、「セールスライター」という、世間からすれば圧倒的に少数で特殊な業界にも、この業界ならではのゾッとする話が幾つもあります。

今回は、チームクスノセ所属。鳥取県在住で、家族持ち。たまに東京や福岡などでも活動している地方セールスライターならではの、2018年上半期ゾッとした話ベスト1をお届けします。

ある日の夕方の出来事

その日は、朝から自宅でずっとLPライティングの仕事をしていました。

夕方になり、会社勤めを終えた妻が、保育園に行っていた子供達2人を連れて帰って来た声が外から聞こえてきました。上の子は6歳の男の子、下は4歳の女の子です。

仕事に集中していて気づきませんでしたが、
窓の外を見ると、日は傾きすでに薄暗くなっていました。

時計を見ると、時刻は18時半過ぎ。

「もうそんな時間か」と思い、やりかけていた仕事をそのままに、妻と子供を玄関まで出迎えに行きました。

玄関のカギを開け、妻と子供を迎え入れます。

妻が持っていたスーパーの袋を受け取り、「今日の晩御は何にする?」と玄関で話していると、、、

子供たちの姿が見当たりません。

「しまった!」

ノートパソコンを開いたままにしていたことを思い出しました。

嫌な予感がし、

急いで、仕事をしていたリビングへ向かいます。

しかし、時すでに遅し・・・

目の前に広がる惨劇

リビングでは、子供たちが2人がかりでノートパソコンを蹂躙していました。

キャッキャと奇声を発しながらキーボードとマウスをカチカチやっている子供たちを、力ずくで引きはがし、急いでノートパソコンを片付けます。

その後、夕飯の支度をし、子供たちに食べさせ、風呂に入れてと、バタバタしているうちに数時間が過ぎました。

子どもたちの寝かしつけは妻に任せ、仕事の続きに取り掛かろうとノートパソコンを開いたところ、

私は、大変なことに気がついたのです。

私
いやぁ~子供というのは、親が思っている以上にとても賢くて、
絶対に押してはいけないキーをなぜかピンポイントで知っています。
そのキーを押すと特に親の反応がいいことを、
日ごろの反復で学習しているのでしょうか。キーボードのあれだけあるボタンの中で、
なぜか、エンターキーと電源ボタンを
ピンポイントで狙ってっくるのです。

子供の成長とは早いものですね。言葉も話せず、
歩くこともできなかったあの子たちがもうこんなに立派に・・・

そこには目を覆うばかりの光景が・・・

私は、いったい何秒間、現実逃避していたのでしょうか。

我に返り、子供たち2人に蹂躙され、無茶苦茶になったノートパソコンのモニターを覗き込んだ私は、

想像を遥かに超える衝撃の恐怖体験をしたのです。

モニターに映し出されていたもの。

それは、、、

Facebookメッセンジャーの画面でした。

そして、誰かに「いいね!マーク」が送信された形跡があります。

これは、間違いなくあの時の子供たちによる犯行。

送り先は、、、

 

楠瀬さん・・・。

しかも、既読になってる・・・。

いったい、何をどうすればそんなことになるのでしょうか?
我が子ながら、全くその行動を理解することができません。

時計を見ると、時刻は22時30分。

犯行より、すでに4時間余りが経過しています。

今更、私に何の言い訳の余地があるというのでしょうか?

しばらく自分と葛藤したあと、、、

「見なかったことにしよう。」

私は、そっとノートパソコンを閉じてしまいました。

この日以来、

子供の前で仕事をするのはやめよう。

そう誓ったのでした。

この他にも、
セールスライターのゾッとした話を聞きたいのなら、、、

これが、
「今までの努力を水の泡にしやがって!」
「今までの金と時間と労力を返せ!」
「あなたになんか任せるんじゃなかった!」

そう言われても文句が言えない状況に追い込まれた
あるセールスライターの告白です。

コメント

  1. 武内和恵 より:

    笑笑笑笑笑

コメントを残す