2024年は2度と来ない、さぁ何をする?

From:宮川徳生

あけまして
おめでとうございますm(_ _)m

いよいよ
今日から2024年が始まりますね。

今年あなたは
どんな一年にしようと思ってるのかな?

お正月なんで
前置きは抜きに
元旦の今日だからあなたに伝えられることを
端的に伝えるね。

というよりも
あなたに伝えたいというのは建前で
これから書くことは自分に言い聞かせたいことかもしれない。

というのも…

ちょうど10年前の
2014年の1月1日。

その頃僕は
起業を間近に控えており
(1月4日に法人設立した)
これからどうなるのかのワクワクと
本当に大丈夫なのかという不安が入り混じった
非常におセンチな状態だった。

そのためか
不安が強くなる時は成功者の本を読んだり
格言みたいなのをよく見たりしていた。

で、10年前の今日
ある本に書いてあった
ある言葉に出会った。

そして、おそらくだけど
その言葉のおかげで起業1年目を
乗り越えられた思っている。

その言葉は
ザッポスの創業者トニー・シェイの
こんな言葉だった。

2013年は2度と来ない。
さぁ、何をする?

それまでの人生
その1年は2度と来ないというのは
なんとなく頭ではわかっていたけど
実際には1年というのは何度も何度も来ているふうに
思ってしまっていた。

だが、実際はそんなことなく
その1年は間違いなく1度っきりしかない。

線香花火のように
一瞬火花が散ったら終わってしまうのと同じように
この1年は2度と来ないのだ。

おそらく、本当にその意味がわかるのは
余命1年と言われた時なのかなとか考えてしまう。

2024年は2度と来ない。
さぁ、何をする?

あなたの人生の目標。
あなたのビジネスの目標。
あなたのプライベートの目標。

あなたが叶えたいこと。
あなたが実現したいこと。
あなたが達成したいこと。

いっぱいあると思う。

そのために
今年も目標を立てていることだろう。

僕もそうだ。

僕は今年、というか
ウチの会社は今年新規事業に思いっきり
投資をしていく。

確定しているものは
幼児教育の教室をリアルの店舗で展開していく。

幼児教育のインフラを目指しているので
野望は壮大だ。

3〜5年で
300店舗から500店舗の展開を目指している。

なので、そのためには
今年中に絶対にこの教室のビジネスを
再現性の高い形に作らないといけない。

だから、僕は今年
この店舗の立ち上げに時間を膨大に使うことを決めた。

今、どこに出店するかも決まっていないわけだが
出店場所を探すために幼児教育の教室が成功する確率が高い
立地調査を始めている。

候補地は
千葉の印西市・流山市
東京の文京区・国分寺市
神奈川の横浜・鎌倉・藤沢

あたりだ。

この候補地に絞るために
市区町村のあらゆる統計データや
塾などの店舗数などの競合調査などをした。

で、子供にいい環境や
子供への投資意欲が高い人が集まってきている街の候補として
上記7都市までに絞った。

4月に1店舗目の出店をするので
年始が終わったらすぐにこの7都市に出向いて
実際に街を歩き2〜3日滞在し身体で街の雰囲気を感じてみることにする。

場所が決まらなければ
人の採用もできないので
場所の選定は急務を要しているのだ。

また、内装とかも入れるためには
遅くとも1月中には物件は決めなくてはいけない。

ちょっと個人的な話になってしまったが
僕にとって2024年は新規事業を成功させるために
なんとしても最初の1店舗目を成功させることと
再現性のあるビジネスモデルを構築することが
なんとしても実現したいことである。

2024年は2度と来ない。

だから、2024年は
これらをやるのだ。

もちろん
やったからといって
成功するわけでもないし
うまくいく保証もない。

だけど大事なのは
結果が出るかどうかわからないくても
自分で決めたことに全力で取り組むかどうかである。

将棋の羽生さんの言葉だが

何かに挑戦したら確実に報われるのであれば
誰でも必ず挑戦するだろう。

報われないかもしれないところで
同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは
非常に大変なことであり、私は
それこそが才能だと思っている。

痺れる言葉だ。

結果が出ないことは間違いではない。

間違いなのは
全力を尽くさないことなのだ。

何をやると選択にしたとしろ
全力を尽くせば最高の充実感がある。

そして、人間というのは
充実感がある時ほど
幸福感を感じるようにできている。

もちろん結果は大事だ。

だが、結果を出すためには
結果が出るかどうかわからない中でも
全力を尽くさなければいけない。

そのために何をやるか?

あなたにとって
2024年ももう2度こ来ない1年である。

1月1日は
生きている間、何度もやってくる。

しかし、2024年の今日は
もう2度と来ない。

そして、毎日毎日
その1日は2度と来ないのだ。

富を得た人がよくいうセリフだが
最も価値のあるものは時間だと。

そう考えた時
あなたは今年何をする?

もう2度とやってこない
2024年をどんな一年にする?

そのために
あなたは今年何をする?

僕は今年
店舗を成功させるために
人生の時間をこの新規事業に投資すると決めた。

あなたは何を決めるかな?

2024年は2度とこない。
さぁ、何をする?

お互い2024年の12月31日には
「今年は最高に充実した一年だった」と
思えるような一年にしないかい?

正月早々
僕のメルマガを読んでるような
勤勉なあなたなら絶対にできるよ。

それじゃ今年も1年宜しくね!