VYONDクリエイターが今狙うべき3つの制作案件

このコロナの影響で
実に85%ものフリーランスの方が
「仕事が減っている」という
調査結果
が出てきました。

確かに、これだけ
企業が色々な活動を自粛すれば
その下請けとなるフリーランスの仕事も
減るのは当たり前ですが。。。

でも、だからこそ思うのは
下請け的なフリーランスのままでは
発注側の企業の景気に左右されて
一生満足に安定して稼げない
と思います。

フリーランス=自由
みたいな風潮がありますが…

結局、ほぼ全てのフリーランスの方は
現実、企業のいいように使われて
用がなくなれば簡単に捨てられる
都合の良いコマでしかないわけですよね。

それが
このコロナで如実に
現れただけのような気がしています。

僕が思うのは
本来フリーランスってのは
傭兵だと思うんですよ。

その組織の力で成せないことを成すために雇われる
ある特定分野の能力に秀でた外部の人間。

だから、組織の人間よりも
高い報酬が得られるし
オファーも途切れないわけです。

そして、相手がいくら金を積んでも
頼みたいと思える傭兵だからこそ
本当の自由が手に入るはずなんですよね。

僕が思うのは
多くのフリーランスの人は

ちょっとこの辺
勘違いしているんじゃないかなって思います。

だから、今この時期って
コロナで大変だとは思うのですが
こうした根本的なフリーランスのあり方を
見つめ直す絶好のチャンス
だと思っています。

ということで今日の動画では
VYONDクリエイターにとって
このコロナだからこそ獲得しやすくなった
制作案件を3つ紹介したいと思います。

コロナで悲観的になった市場もあれば
逆にチャンスが増えた市場もあります。

あなたが本当に自立した
プロの傭兵(フリーランス)なら
このチャンスを逃さないでくださいね。

この3つの案件
ある意味、入れ食い状態ですから。

PS.
5月6日に重大発表があります。

このコロナで僕的にかなり思うところがあり
ある大きな決断をしました。

それに関する重大発表を
5月6日ライブ配信でお届けします。

<テーマ(仮)>

  • ライター・クリエイター・デザイナーコロナ後に訪れる新世界の生き残り方
  • 一生食いっぱぐれない金持ちフリーランスになる方法

まだテーマがビシッと決まっていませんが
こんな感じの話をします。

今から役10年ほど前
ユニクロの柳井さんが言った

「年収1億円か年収100万円に分かれて中間層が減っていく」

当時は多くの人が
「そんなこと起きるわけがない」と
批判をしましたが、今コロナによって
そうした時代がついに幕を開けてしまったと
言ってもいいでしょう。

テレワーク によって
仕事している風だった人は炙り出され
よりシビアに生産性が問われる時代になります。

だから、企業は
やっている風だった無能な社員ではなく
能力のある個人と契約を結ぶ流れになります。

その方が、企業としては
圧倒的に生産性が上がりますし
何より「雇用」というリスクを抱えなくていいので
間違いなくこの流れは加速します。

つまり、これから
何が起きるかと言うと
個の時代=フリーランスが活躍する時代
になるということです。

能力のあるフリーランスは
より金持ちになっていくでしょうし
能力のないフリーランスは
より疲弊していくでしょう。

だから、今本当に地に足をつけて
これから訪れるフリーランス2.0時代で成功するための
実力を身につける時だと僕は考えています。

6日はこうしたことについて
お伝えしていきますので

ライター・クリエイター・デザイナー関わらず
フリーランスとして個人で仕事をしている方は
絶対に見逃さないでほしいと思っています。

5月6日14時~
ライブ配信を開始します。

6日のライブ配信の視聴URLはこちらです。

https://youtu.be/TF3XzZpeKIg

コメントを残す


CAPTCHA