繁盛店のマーケティング戦略

From:宮川徳生

今日はマーケティングの
原理原則みたいな話をしたいと思います。

 

ちょっと想像してみてほしいのですが
今あなたの目の前に飲食店オーナーがいたとします。

 

で、そのオーナーから…

「もっとお客さんを増やしたいんだけど…」

と相談されたとしましょう。

 

あなたは一体
どんな提案をしますか?

 

Googleマイビジネスをやる。
ネット広告をやる。
グルナビなどポータルサイトを強化する。
公式サイトのSEOを頑張る。
チラシを配布する。
店前看板で宣伝する。

 

色々考えつくと思います。

でも、実はこれ
マーケティング的に最もやってはいけない
致命的な間違いをやってしまっているんです。

というのも…

やってはいけない致命的な間違いとは?

そもそもの話
マーケティングとかセールスとか集客を考える時
考える順番は

 

1・誰に
2・何を
3・どうやって売る

 

この順番で考えないといけません。

 

例えば、さっきの飲食店の場合
もし仮に、若い子にウケてるお店だったとしたら
「チラシ」って選択肢はないですよね?

 

逆に、高齢者にウケているお店だったとしたら
チラシとかのオフラインのほうがマッチするかもしれません。

 

つまり、そもそもの話
「誰に何を売るのか?」

 

ここがハッキリしなければ
媒体や手法、メッセージは
何1つ決められないはずなんです

集客方法は一番最後に考える

若い子向けのお店だとしたら
まず誰にの部分は

 

「若い子」
になります。

 

じゃあ、その若い子を集めるためには
何を売ればいいのか?

 

もしかしたら
インスタ映えする商品が必要かもしれません。

 

そうであれば
そういう商品を開発します。

 

で、最後に
若い子にインスタ映えする商品を売るためには
どの媒体で、どんなメッセージを使えばいいのか?

 

つまり、どうやって集客するとかは
一番最後に考えるべき部分なんですね。

 

これ、多くの人が
かなり見落としてしまっている
マーケティングの原理原則です。

 

手法であるHOWって
実は一番重要じゃないんです。

 

なので、もしあなたが
HOWばかり考えてしまっているのなら
「誰に何を」の部分から考えてみてください。

 

おそらく、これまでと全く違う
アイデアが浮かんでくると思いますよ。

 

今日の動画は
この辺のことについて
僕のクライアントだった塾の事例を交えて
詳しくお伝えしています。

 

こういう原理原則って
華やかさは一切ないんですが
最も大事なことです。

 

そうしたことに価値を見出している方は
今日の動画はかなり重要な気づきがあるんじゃないかと思います。
↓↓↓

PS.
先日、久しぶりにウチの楠瀬と
対談動画を撮影しました。

なんの対談動画を撮影したかと言うと
楠瀬が今メインでやっている

 

「動画マーケティングコンサルタント」という
キャリアについてのことです。

 

楠瀬は今
動画マーケティングコンサルタントとして
月額100万円のコンサルフィーを
クライアントにチャージしているんですが

 

一体何をやれば
そんな高額フィーで契約できるのかなど
同じ会社でやっている僕も
不思議だったんですね。

 

しかも、全く知らない業種業界でも
バンバン契約して成果出しているんです。

 

なので、この辺のことについて
結構突っ込んで聞いてみました。

 

・動画マーケティングコンサルタントは
今なら誰でもなれる理由

・「動画」のコンサルと言うだけで
知識・経験・実績ゼロでも
高額フィーになってしまう理由

・なぜ、今起業するなら
”動画マーケティング”コンサルタントなのか?
そして、なぜ成功率が高いのか?

などなど

 

楠瀬との対談の中で
動画マーケティングコンサルタントとして
あなたがどうすれば起業し成功できるのか?

 

そのあたりの秘訣を
根掘り葉掘り聞いてきました。

 

動画マーケティングコンサルタントというビジネスに
少しでも興味があるなら27日に公開する対談動画は
絶対に見逃さないでくださいね。

コメントを残す


CAPTCHA