セールスライターが伸ばすべき7つの能力をまとめてみた

From:甲斐慶彦

まだまだキャリア2年ちょいの新米セールスライターが「伸ばすべき」なんて、おこがましいですかね(^^;)

キャッチーなヘッドラインにしたかっただけで、内容はなんのことはない…私がライターとしてスキルを伸ばしていくにあたって、ぶつかってきた7つの壁を「能力」と言い換えただけです。

私はこの7つの壁にぶつかっては止まり、これを繰り返しています。

まるで、こんな螺旋階段のように何度も同じ景色を見ながらぐるぐると上がっていくわけです。ただ、1度ある壁を超えると、そのたびにコピーライティングへの理解が深まっている感覚があります。これはこれで楽しいですね。

あなたもこの先ぶつかるかもしれない(?)壁(=伸ばすべき能力)だと思うので、ぜひ参考に続きを読んでみてください。

「一気にスキルアップなんてないな」と痛感したここ1年…

私はこのような7つの壁にぶつかって、毎度「あ〜この能力を伸ばさなきゃな」といちいち痛感する経験を繰り返している気がします。

人からフィードバックをもらったり、自分より圧倒的に実力が上の人の仕事ぶりを目の当たりにすると、この壁に気づくのです。「あ〜今はこれが自分の課題だな」と。それから、壁を超えられるよういろいろ本を読んだり、セミナー音声を復習しては、実際に試してやってみる、という感じです。

この4ステップをご存知ですか?
人が物事を習得するまでの4ステップです。

一番上が、マスタークラス「意識しなくてもできる」ステップ
一番下が、最もよくありがちで厄介なステップ「できないことを知らない」ステップ

フィードバックをもらったり、一流の人の仕事ぶりを見せてもらうと、自分の「できないことを知らない」ステップを発見することができます。これは本当に貴重な体験です。これに気づけなければ、スキルの上達しようがありませんからね。

そして、今回シェアした7つの壁(=まだまだ伸ばしていくべき能力)に関して…今私は2段目と1段目をウロウロしている状態です。

3段目まで進んだ気がしてたけど、改めて新しいフィードバックをもらうと、一段目だったことに気づく…という具合でしょうか。

ちなみに今ぶつかってる壁は…?

ちなみに今週痛烈に感じた壁(=まだまだ伸ばしていくべき能力)は「相手の頭の中の言葉で話す」「レクチャーするな。ピクチャーしろ」です。
これらは今痛烈に「まだまだできてないなー」と感じています。

意識しても「50点」くらいの出来でしょうか…
いろいろ模索して早く「意識してできる」領域まで進みたいと思います。

まぁ、進んだ気になったとしてもまた螺旋階段のように、7つの壁が繰り返し立ちはだかるんでしょうけどね(^^;)

セールスライターは「リサーチが命」と言われる理由

上の7つの能力のうち、印がついたものは全て「リサーチに関わるもの」です。

一口にリサーチといっても、たくさんの切り口からの「リサーチの壁」が私たちの前に立ちふさがることがわかりますよね。「セールスライターはリサーチが命」 と言われる所以です。

ただ単に「リサーチに力を入れよう!」と考えるより、こうやって切り口を明確化した方がリサーチ能力も高めやすそうですしね。今後も、こういった7つの要素を踏まえながら、また新しい壁にぶつかったときにはそれを言語化して、成長への螺旋階段を明確化していきたいと思います。

あなたも、今までぶつかった壁を言語化して「今の自分に足りない(これから伸ばせる)能力」として残しておくと良いと思いますよ。こうやってまとめるだけで、伸ばすべき能力の指針も生まれますからね。

最初の一段目「できないことを知らない」の領域にある事柄をいち早く見つけられれば、いち早く成長するチャンスを掴むことができますから。どんどん行動して、ぶつかった壁はきちんと言語化していきましょう。お互い、どんどんスキルアップしていけるといいですね!

P.S. もしあなたが、「自分だけじゃ最初のステップに気づくの無理かもな…」と考えることができる聡明な方なら、あなたにぴったりの場所があります → コチラ