あなたの仕事の8割は無駄

From:宮川徳生

今日の件名を見て
おそらく多くの方が「はぁ?」と
不快感を持ったと思います。

 

それは当然だと思います。

 

なぜなら
「お前のやってることほとんど無駄だぞ?」って
言われてるのと一緒ですから
誰だって気分のいいものではありません。

 

ですが、残念ながら
僕も含めて全ての人のやってることの8割は
大抵無駄な仕事です。

 

これは俗にいうパレートの法則ってやつで
今から60年くらい前にパレートという人が
見つけた原理原則みたいなもの。

 

このパレートの法則は
今さら説明する必要もないと思いますが
どんなことも8:2に収束されるみたいな話です。

 

富で言うなら
2割の人が全体の8割の富を持っていて
8割の人で残り2割の富を分けているみたいな。

 

そしてこれは
僕らの仕事にもそっくりそのまま
当てはまります。

 

つまり、僕らが普段仕事している
20%の時間が80%の成果を生み
80%の時間が20%の成果を生んでいるということ。

 

で、今日あなたに伝えたいのは
「だから、生産性の高い20%の時間に集中しようぜ」って
ことではありません。

 

あなたに伝えたいのは
これ、マーケティングでも
全く同じことが起きているんです。

 

どういうことか?

 

例えばクライアントに
Aという施策を実施したとします。

 

このAという施策をするために
いろいろな準備が必要ですよね。

 

で、その準備の時に実施する20%のことが
成果の80%を決めているということです。

 

つまり、マーケティングする時も
成果の80%を生み出すのは
たった20%のことから生まれているということ。

 

なので、この20%の事に集中することで
より成果を出せるようになるんですね。

 

さて、では一体
その20%とは何だと思いますか?

 

アイデア?
コンセプト?
コピー?
デザイン?
広告?
ビジネスモデル?

 

まぁ、色々考えられると思いますが
このどれでもありません。

 

マーケティングの成果の80%を決めるのは
コレなんです。

コメントを残す


CAPTCHA