2017/12/23

セールスライターとして心が震える打ち合わせ、したことありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セールスライターの打ち合わせ

こんにちは、スライムです。

そろそろ今年も終わりなので(?)、
今回は少しだけまじめモードでお届けします。

まず質問です。

Q.あなたはセールスライターとしてクライアントさんとの打ち合わせで
心が震える経験をしたことがありますか?

「あー、あるある。めちゃくちゃ怒られて心臓が縮み上がったよ…」

怒られるセールスライター

震える…

…といった方向ではなくて、です。

クライアントさんの言葉にシビれ鳥肌が立ち、
まさに心が震えるような打ち合わせ
です。

わたくし、スライムはここ(チーム楠瀬)で
何度もその経験があります。

もちろん、過去に経験してきた
別の職業でもありました。

お客さまとの打ち合わせの後に
「よし!頑張るぞ!」
と思えることもたしかにありました。

ただ。

チーム楠瀬としてクライアントさんとの
打ち合わせに同席させていただくと、
心が震えることが圧倒的に多いです。

多いどころの話ではなく、ほぼ毎回かもです。
(注:個人の感想です。)

心が震える打ち合わせとは?

もちろん打ち合わせですから、
具体的な業務の進め方のお話が中心です。

そんな中、打ち合わせが進んでいくと
だんだんとクライアントさんが
その仕事や事業にかける想いのお話になることがあります。
(私が過去参加した打ち合わせはほぼ毎回)

このとき、スライムにはこんな異変が起こります。

スライムとmac

おや?スライムたちのようすが…

周りの雑音が聞こえなくなって
クライアントさんのお話だけが
まっすぐ入ってくるような感覚になるのです。

クライアントさんの情熱の温度感が
そのまま伝わってくる、という感じでしょうか。

そして、スライムはこう思うのです。

「このクライアントさんの、この情熱を伝えたい!」

ミッションとかビジョンとか
難しい横文字はわからないけれど、

ただただこのクライアントさんの想いを
多くの人に知ってもらいたい、と思うのです。

コピーを使って変えてやろうとか
そういったことじゃなくて、

このクライアントさんの想いや熱意、情熱
1℃も下げることなくそのままの温度で
1gも減らすこと無くそのままの重さで
1mmも薄くすること無くそのままの厚みで伝えたい。

コピーというスキルを学んだ者のひとりとして
もしできることならコピーを書くことで

より重みを増やし、厚みを増して
より遠くまで、よりたくさんの人に
届けられたらいいなぁ。

そんな気持ちが自分の中からわいてくると
心が震えて鳥肌が立ち、

「あーやばい、ちょっと泣きそう、自分」

となることさえあります。
(打ち合わせ中なのに)

スキルがあるから?いいえ、環境のチカラです

どうしても駆け出しセールスライターの頃は
経験不足から来る自信のなさから、

クライアントさんと同じ目線でお話をすることが
難しかったりすることもあると思います。

また経験の無さを見抜かれて見下され、
悔しい思いをすることもあったり…。

ですが、少なくともここ、
チーム楠瀬ではそれがありません。

クライアントさんから変に見下されたり、
(よくない意味で)「業者扱い」されたりしません。

そればかりか
一緒に事業を進めるチームの一員として
まっすぐに見ていただけます。

もちろんこれは、
クライアントさんの、楠瀬さんに対する
信頼関係があってのことなので、

当たり前ですが私、スライムの場合は
自分の実力ではありません。。

なので、その信頼関係を絶対に
壊してはならないというプレッシャーに加え、

「楠瀬さんのところの中の人」
という見られ方する別のプレッシャーもあります。。
(これ、けっこう大変。。)

駆け出しであろうが、経験がなかろうが、
チームに加わって数ヶ月であろうが、

打ち合わせの場にはプロとしてのぞみますから
その時間までに必死でレベルを上げて自分を持っていきます。

いつもいっぱいいっぱいですし、
ハラハラするので頭皮がガチガチにかたくなるくらい大変です。
(ヘッドスパ行きたい)

ですが、毎日、必ず一歩前に進んでいる自分に気がつけます。

昨日知らなかったことを今日は知っている。
昨日できなかったことが今日はできるようになっている。

時間の経過とともに、
初心を忘れてしまうことがあったり
地味な作業の連続で挫けそうになることもありますが、

その中で
「1つだけでも、1mmでもいいから改善できないかな」
と思いながら、仕事に取り組むことができること。

クライアントさんと、
その先にいるお客さまを思い浮かべて
迷いなくやるべきことにまっすぐ向き合うことができること。

この環境ってほんとうにすごい。

今、こういうことを
日常的に感じる場所にいることができています。

まとめ

今回は、チーム楠瀬の中の1スライムが、
クライアントさんとの打ち合わせで感じたことについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

今回の記事があなたのセールスライター人生の何かの参考になれば幸いです。

コメントを残す