気持ち悪い値引き

from 古川馨

SALEは好きですか?

 

決算セール
ポイント5倍セール
クリアランスセールに
タイムセール

 

セールって
ついついお財布の紐が
ゆるんじゃったりしますよね

 

僕もアマゾンの欲しいものリストが
値下がりしていたり
Amazonセールの時は
ついついポチッとしてしまいます。

 

やっぱり割引で買えるって嬉しい。
すごくお得な気分で
通常の買い物より
ワクワクしますよね

 

ですが、
ワクワクしない割引も
世の中にはあります。

 

むしろ、気持ち悪いというか、、、

 

なぜ値引きした、、、

ちょっと前の話なんですが、
車をディーラーに
見に行ったことがありました。

 

普段乗っているのとは
違うメーカーの車です。

 

駐車場に入るなり
「いらっしゃいませ!」
と元気よく若い営業マンが
近づいてきました。

 

「今日はどんなお車をお探しですか?」

 

せっかくなので
あれこれ質問しながら
車を見ていると

 

今日はイケそう!
と思ったのか
急に見積もりを
出してきたんです。

 

標準グレードで
オプションもつけて
○○○円です
と。

 

よくある話ですが
そこで終わりではありません。

 

「はぁ、、、緊張するなぁ」

 

その若い営業マンはそう呟くと
ゆっくりと見積書の金額に
斜線を引いて
違う金額を書き込みました。

 

最初に提案してきた金額よりも
100万円近く下がった値段です

 

そして
「どうですか!」
とドヤ顔でクロージングを
かけてきました。

 

え!いきなりクロージング?
まだ気持ちあったまってないよ?
まだ来て30分くらいだよ

 

というか
なんで即決するような
雰囲気でクロージングかけた?

 

と小一時間問い詰めたい感じですが
そこはグッと堪えて、、、。

 

確かに100万円近く安くなって
買いやすい金額です。
ハッキリ言ってお得。
お財布にも優しい。

 

ここで決断すれば
いい買い物
なのかもしれません。

 

ですが、、、

 

結果としては
買いませんでした。

 

え?買わないんですか?

 

くらいの呆然とした顔の営業マンを
振り切って店を出ました。

 

だって瞬間的に「気持ち悪っ」って
思ってしまったんですよね

気持ち悪い値引き

なぜか?

 

別に営業マンのドヤ顔が
嫌だったわけはありません。

 

彼の態度が気に入らなかった
わけでもありません。

 

車が気に入らなかったわけでも、
到底買えない金額だったからって
わけでもないんです。

 

何が引っかかったのか?

 

それは、、、

理由のない割引だったから

 

彼は場が温まっていたわけでも
こちらの購買意欲が
上がっていたわけでもないのに

 

割引するから買ってと
安いんだから買ってよ
と突然言ってきたわけです

 

そんな状況なので、
100万円近くも割引くなんて
何か裏があるのでは?

 

もともとそれくらい安くしても
痛くない価格設定なのでは?
なんか騙そうとしてない?

 

って瞬間的に感じちゃったわけです。

理由のない値引き

これってセールスレターでも
同じことが言えますよね。

 

セールスレターでもクロージングの時に
よく割引を行います。

 

でも必ず理由とセットですよね。
初回限定とか
何かをお試ししてくれたら、、、とか
先行申し込みで、、、とか

 

何かしら理由と一緒に割引くことが鉄則です。

 

理由がない割引はただの安売りだし
理由のない値引きは、、、

 

モノが悪いんじゃないか?
割引後がもともとの値段じゃないの?
きっと価値がない商品なんだ、、、

 

と相手に感じさせてしまいます。

 

どんなに素晴らしい商品だったとしても
相手にそう思われたら終わり、、、ですよね?

 

割引するときは慎重に。
そして理由を添えてあげましょう。
それが納得できる理由だとより効果的ですよ。

コメントを残す


CAPTCHA