これはヤバい、痛いUSP…

From:宮川徳生

最近、ある生徒さんと話していたときのこと…

 

その方は
教室ビジネスを始めようとしている方で
そのビジネスを立ち上げるために
色々と相談に乗っているんです。

 

で、こんな事を言われました。

 

「周りの教室と差別化するために
こんなコンセプトで始めようと思います。
どう思いますか?」

 

この言葉聞いた時
「これはヤバいな、このUSP痛すぎるな。。。」って
思ったんです。

 

なぜなら
その方はおそらく「独自のウリ」が大事だから
独自性を打ち出すために差別化しようと考えたんだと思います。

 

でも、それって
「ただユニークなだけでしょ?」
思わず突っ込んでしまいました。

USPはユニークなだけじゃだめ

USPってのは

Unique:競合と差別化できる?

Selling:お客さんが購入してくれる?

Proposition:お客さんにとって価値のある提案

 

これらが揃って
初めて成立するもんです。

 

つまりですよ。

 

差別化するために作るUSPってのは
そもそもの話

 

「お客さんが喜んで買ってくれる価値ある提案」

これが大前提にあるわけです。

 

 

〇〇専門教室と打ち出したところで
それがお客さんにとって喜ばれる提案じゃなければ
それはただのユニークなだけの痛いサービス。

 

言葉悪いですが
自分のエゴに酔っちゃってる
自己中心的なやつですよね。

 

つまり、USPってのは

  1. お客さんが喜んで買いたくなる提案ありきで
  2. そのうえで独自性が付与されなくてはいけない

ってことです。

 

これ、だいたいみんな
1がすっぽり抜け落ちて
2が満たせればUSPだって
勘違いしている人が本当に多いんですよね。

 

差別化ってのは
要は売り手側の視点でしかありません。

 

でも、ビジネスってのは
どこまでいってもお客さんの悩みや課題を解決したら
願いや望み、希望を叶えてあげることが本質です。

 

ただ、ユニークなだけでUSPを作るってのは
はっきり言って「お客さんのことが見えてない」状態です。

 

まずは、どこまでいっても
お客さんが何を求めているか知ること。

 

そして、その求めていることに対して
どんな独自の価値を提案できるかを考える。

 

ユニークなだけのUSPは
誰からも相手にされないですからね。

 

今日の動画では
ユニークなだけのUSPにならないための
USPの作り方なんかについて話しています。

 

USPの理解を深めたい方は
是非チェックしてください。

コメントを残す


CAPTCHA