動画の仕事で月収100万円狙える?

今年に入ってから連日、

「今年は本気で動画をあなたのビジネスにしたほうがいいですよ?」

と、手を変え品を変え
色んな角度からお伝えしてきました。

YouTubeがこれだけ普及し
動画広告市場も衰え知らずでグングン伸び
2021年は5Gが本格普及。

国のDX化の推進の一環でも
動画をビジネスに取り入れる動きが
すごいスピードで活発化しています。

つまり、近い将来

インターネット=動画

と言っても過言ではない世界が
もうすぐそこまで来ているんですね。

あなたも最近
ネットを見る時は
動画を見ている割合が
どんどん増えてるんじゃないでしょうか?

その証拠に
ウチの動画案件も2020年の一年で
売上換算で10倍くらい伸びたので
見過ごせないトレンドだと確信しています。

ただ、動画と聞くと
ほとんどの人が

動画の仕事=YouTubeとかの動画編集
と思っているフシがあります。

もしあなたがそう思っているなら
これ、すごくもったいないです。

“動画の仕事=動画編集”だけじゃない!

ちょっと想像してほしいのですが
例えば、YouTube用の動画編集だと
報酬単価は1本5000円くらいです。

1日1本制作したとして
頑張って1ヶ月毎日編集したとしても
月15万円の収入です。

一日も休まず
毎日仕事を取り続けて
得られる収入が月15万円。。。

大変な割には
得られる収入は少ないじゃないかと
僕は思います。

でも一方で
動画を自分のビジネスにして
毎月何百万も稼いでいる人がいるのも事実
です。

で、手前味噌で恐縮ですが
僕らもその中の一人?一社?です。

ウチは動画編集の仕事は
一切受けていませんが

  • 月額100万円の動画コンサル案件
  • 年間300万円~600万円の動画マーケ代行案件
  • 5万円~150万円の動画制作案件

こんな内容で
こんな報酬を頂いているんですね。

で、これは
誰が何を言っても断言しますが

動画で稼ぎたいなら
下請け動画編集者になっちゃ
ぜーーーーーったいにダメ
です。

もちろん
お金が全てじゃないですし
動画編集自体は価値のある仕事です。

でも、リスクをとって
起業する、フリーになる、独立する(している)
わけですから。

やっぱり、リターンは
大きいほうがいい
んじゃないですか。

まぁ、僕のブログを読んでくれている方は
自ら進んで下請け動画編集者になろうとしている人は
ほとんどいないと思いますが…

本気で動画で稼ぎたいなら
動画コンサルとか、動画運用とか

戦略・企画・構成とかの部分から
関われるようなスキルを身に着けないと
マジで忙しいだけで稼げません。

なので、もしあなたが
動画を自分のビジネスにしたくて
「動画でしっかりと稼ぎたい」
と思っているなら
今日の動画はマジで見逃さないでください。

というのも今日の動画では

ウチの案件がどんな内容なのか?
高額案件でどうやって成果出しているのか?
詳細な報酬情報などなど

ウチの動画ビジネスの
全容を言える範囲でシェアしています。

動画で食っていきたいと思っている方は
ひとつのモデルケースにしてもらえると思いますので
絶対に見逃さないでくださいね。

PS.
本気で動画コンサル
動画マーケ代行をビジネスにして
起業を目指したい方にオススメの講座がコレです。

初開催ということもあり
かなり大胆なオファーをしていますので
ぜひ詳細を確認してくださいね。

コメントを残す


CAPTCHA