【ネット中毒】でも契約のきっかけはチラシだった件

from X

 

こんにちは。

1日16時間、365日。

寝ている間以外は、
リサーチ&情報収集のために
PCかスマホを触りまくっている
リサーチャー X です。

そんな毎日を過ごす中で、
「自宅以外で仕事に集中するため場所がほしいな」
と思っていました。

思い立って、
近場を検索してみたのですが、
なかなか見つからず。

「うーん、費用が高いな…」
「ちょっと場所が遠い。。」

ああでもないこうでもないと、
いろんなサイトを見て、

そうこうしているうちに
仕事のメールやチャットが来て、

いつの間にか調べるのを止めて
記憶から忘れ去られてしました。

 

そんな、ある日。

自宅のポストに
1枚のチラシが。

自宅から歩いて3分の場所に
新しいコワーキングスペースがオープンする!

といった内容のものでした。

「ああ〜!そうそう!これこれ!」

チラシ自体はめちゃくちゃシンプルで、
必要最低限のことしか書いてない。

たしかオファーも、
プレオープン期間(1週間?)が
無料で使えるといったくらいのものでした。

オファーが強いものでもなく、
デザインが素晴らしかったわけでもなし。
コピーが特段優れたものでもありませんでした。

ただただ
「あなたが探していたものがここにあるよ」
と目の前に差し出してくれただけです。

ただただ
「探していた」という記憶を
呼び起こしてくれただけです。

その後、すぐに
そのコワーキングスペースと契約をしたのは
言うまでもありません。

・・・

 

常に見ているネットよりチラシが売れた理由

1日16時間、365日
ネットの世界にどっぷり浸かって
ビジネスをしているのに、

契約の決め手になったのは
1枚のチラシだったという
ちょっと笑えないお話です。^^;

もちろん、
そのコワーキングスペースが
地域をターゲットとして
ネット広告を出していたら

もしかしたらワタクシの目にも
触れていたかもしれません。

ですが、もしそれが
“検索広告” だったら
一緒に競合が表示されますし、

もしそれが
“ディスプレイ広告” だったら
同じ画面に映るすべてのコンテンツが
ライバルになります。

もしそれが、
“スマホでの広告” だったら、
チャットやLINEの通知であっという間に
意識が持っていかれてしまいます。

 

今回は、チラシだったからそ
目を止めてじっくり読むことができたんですね。

同じ日の同じタイミングで
競合のコワーキングスペースの
チラシは入っていませんでしたから、

「他と比較する」
ということもありませんでした。

この店舗一択。
しかも “じっくり” です。

「チラシはオワコン」
「宣伝はネット広告の方がいい」

といったことが言われたりしますが、
全然そんなことはなかったです。

それを身を持って、
“お客さん” として実感した体験でした。

日々、ネット広告を運用し、
ネットの住人だからこそ、

当たり前のことなのに、
見落としていたポイント。

 

実はオフラインが有利な件

それは、
ネットは見込み客が
ネットを見ている間、
アプローチできるけれど、

そこは常に

・見込み客の注意力
・見込み客の集中力

を奪い合う激戦地であること。

そして、ひとたび
見込み客がオフラインになれば、
もう届ける術がない、ということ。

よく考えれば当たり前ですよね。^^;

ただ、これは
ポジティブに考えるなら

アプローチする場所を
ネットの外である
“オフライン”にすることで
有利にできる可能性があること。

競合や他のコンテンツに
見込み客の注意力と集中力を
奪われること無く単独で
「ウチを見てみて!」
ができる可能性があること。

 

ネットだけ、でもなく
チラシだけ、でもない。

ネットも、チラシも。

商圏が重要なビジネスの種類と
来てほしいお客さんによって
手法を自由自在に切り替え、組み合わせる。

「二刀流でタイミングよく使い分けられたら最強だな」

1ユーザーになって
そんなふうに感じたできごとでした。

今の、あなたは何刀流ですか?

P.S.
今、主戦場がネットの方。
またはこれから武器を身につけようとしている方。

朗報です。

オフラインの代表格である
チラシの作り方が学べる
1day ワークショップがあります。

絶賛募集中ですが、
受付は今日(2/6)までですので、
お見逃しなく!

https://saleswriter.co.jp/202202-flyers-ws/

コメントを残す


CAPTCHA