チャンスを掴め

From 古川馨

マネーの拳という漫画を知っていますか?
経営者必読の書として紹介されることも多い本書。

存在は知っていたのですが、
ついに先日、読んでみました。

感想は、、、
か・な・り引き込まれる

そんな印象です。

 

話は元ボクシング王者の主人公・花岡が
引退後に飲食店経営を始めるも
上手くいかず赤字経営、、、

しかし、ある大物経営者の塚原と出会ったことで
どん底の状態から這い上がっていく、、、
そして、次々と訪れる危機的状況
立ち塞がる強敵。
まさに王道なヒーローズジャーな展開です。

 

そんな中でもビジネスに関する考え方や
マインドセットでところどころ
考えさせられたり共感する部分が
いろいろあります。

 

例えば、、、
主人公花岡が、塚原から出された
「ホームレスを10人雇え」
というお題に対して

広場でホームレスたちを集め
抽選のガラガラで当たりが出たら
雇うという約束をします

しかし、ハズレたら困るからと
誰も一番最初には引きたがらない。
そんな中、一人のホームレスが
ガラガラを引くと大当たり。

 

今度は2回続けて当たることはないだろうと
またもや誰も引きません。
すると、当たりを引いたホームレスが
仲間に「引け」と迫ります。
しぶしぶガラガラを回すとまた当たり。

ザワつくホームレスたち

2回連続当たったことで
迷いが出てきます。

 

当たるかもしれない
でも3回連続なんて、、、

迷っているホームレスを横目に
また別のホームレスがガラガラを引き
再び当たりが出る

そこで、ホームレスたちは
当たりしか入っていないことに気づきます

しかし、そこで花岡が一喝

 

気づいた時にはもう遅いんだよ!
ここで腹を括った奴だけがチャンスをつかめる。
みんなが気づいたら、それはもうチャンスじゃない

 

それを聞いたホームレスたちは
ハッと自分たちが行動しなかったことに
愕然とするのでした。

 

チャンスが目の前に飛び込んてきた時に
一歩踏み出せるか
掴むために行動をおこせるのか

成功するしないは、
誰よりも早く行動を起こすこと
誰よりも先にチャンスを
掴みにいく勇気だったりします。

 

もちろん、全てが成功するかどうかはわかりません
ですが、スタートが遅ければブルーオーシャンは
あっという間にレッドオーシャンになってしまいます

慎重にことを運ぶのは重要ですが
時には大胆にチャンスを
掴みにいくことも必要です。

 

他にも様々なシーンで
ドキッとされせられる
「マネーの拳」
もし、未読ならぜひ読んでみてください。

ちなみにKindle Unlimitedに加入していれば
3巻までは無料で読めますよ

 

Ps.
チャンスといえば、こちらもセールスライティングを
学んでいる人にとっては大きなチャンスかもしれません。

 

というのも、セールスライティングには欠かせない
ブレットが簡単に書けるようになる
「ブレットライティングテンプレートBOX」が
本日まで35%オフの特別価格で
手に入れることができるからです。

 

あなたはこのチャンスを掴みますか?
それとも見逃しますか?

チャンスを手にしたい方はこちら
↓↓↓
https://saleswriter.co.jp/bwtb/

コメントを残す


CAPTCHA