[マーケター必見]ChatGPTを1時間ちょっとで理解できる動画[有料級]

こんにちは。
リサーチャーXです。

今日はどうしてもどうしても
観てほしい動画のご紹介です。

私自身、この動画を視聴した直後、
速攻で社内チャットに

「絶対に目を通してください」

と書き込みました。

いつもは
「良かったら観てくださいね」(オススメ)
くらいの感じなのですが、

今回ばかりは
「観てください!」(ほぼ強制)
です。

もし、あなたがマーケターなら
ぜひ時間をとって観てください。

きっと

「観てよかった」
「今、知ることができてよかった」

と言っていただけるのではないかと思います。

それはこちらです!

 ↓

▼ あなたの仕事が劇的に変わる!? チャットAI使いこなし最前線
https://www.youtube.com/live/ReoJcerYtuI

正直、今日はもう
あなたにこの動画を観ていただけたら
このメルマガの役目を果たした…
といっても過言ではありません。

それくらい
どうしても「今」観てほしくて
このメルマガでお伝えしています。

こちらの内容は、
ChatGPTを解説している動画です。

ChatGPTは、
最近、ニュースでもテレビでも
取り上げられることが多いので、
あなたも目にしたことがあるかもしれませんね。

それらの番組では、

「ChatGPTとはこれです」
「こんなふうに質問したら
 こんな答え方をします!」

といった感じで
デモンストレーションされている
パターンが多いです。

どちらかと言えば、
“機能の面” にスポットがあたって
紹介されているケースが多いような。

なので、
私はそれを観ても

「ああ、すごいね〜」

というように、なんとなく
ボンヤリした感想だったですね。

どこか、
自分事になりきらない
と言いましょうか…。

ところが。

この動画は違います。

ChatGPTを
“マーケターとして”
どうやって活用すればいいのか?

自分の仕事に生かすために
そもそもChatGPTをどう理解して、
どんなふうにつきあっていけばいいのか?

そんな疑問に対して
ズバッと回答をしてくれています。

しかも動画の中では、
明確に“マーケターとして”使うケースに
触れている場面もあるので必見です!

もう有料級です。

正直、私自身はこの動画を観るまで、
「ChatGPTは、そのうち使おうかな…」
くらいで捉えていました。

が、一変です。

この動画を観て、
ChatGPTとどう付き合っていけばよいか?
どんなふうに使えばよいか?がわかったので

以降、PCを2台体制に切り替え、
1台はChatGPT専用として、
常時メインPCのとなりに備えています。

具体的にはリサーチをする前に
ChatGPTさんに秘書のように話しかけて
(この表現がとてもピッタリ)

リサーチの
“取っ掛かり” をつかんでいます。

ChatGPTは会話型のため、
前の会話を受けて次の質問を深められるので、
チャットを繰り返す中で
リサーチの幅を狭めていけるんですね。

これがとてもありがたい。

ただ、動画内でも触れられていますが、
ChatGPTは「正解」を
出してくれるわけではありません。

確率的に高そうなものを
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
出してくれるに過ぎないので、

ChatGPTの答えからヒントを得る
 ↓
ソースや根拠、出所にあたる
 ↓
重ねて裏付けリサーチする

そんな使い方をしています。

また、内容によっては、
翻訳ツール「DeepL」も併用して、
英語でChatGPTに質問をしたりも。

そして、得た回答をヒントに
英語版Google検索で海外の情報も
調べるといった使い方もしています。

こんなふうに
実際にChatGPTを使ってみて感じたことは、

「これは使う側のスキル次第で
 可能性は無限大だな」

です。

今回の動画の中で
彫刻のお話が例示されて
大理石から作品を

“削り出す”

といった表現が出てくるのですが、

ChatGPTを使って情報を探すのは
まさにその“削り出す”感覚に似ています。

どんな角度でノミを入れれば、
目的の情報に近づけるのか?

そしてこれは
なにもChatGPTに限った話でもないな、と。

たとえば、
検索を使ったリサーチもそうですね。

どんな検索キーワードを入力すれば
目的の答えにたどりつけるのか?

検索キーワードの選定が良ければ
短時間で答えにたどりつけますが、

上手に選定ができないと
目的のページにたどり着けず
時間だけが過ぎていく…。

はたまた
セミナーや講座の場での質問
もそうですね。

講師の方に
どんな情報(前提や条件)をお伝えしたら
自分の欲しい答えが返ってくるのか?

共通点は、
“情報を削り出す”ために
どんな言葉を投げかければいいのか?

“質問力”
と言ってもいいかもしれません。

欲しい答えを引き出すために
投げかける言葉。

このスキルがめちゃくちゃ重要。

そして、
このスキルを上げるには、
現場で実践を重ねるのが
一番の近道だと私は思います。

なぜなら、
経験すればするほど、
生きた知識も増え、使う言葉も
広く深くなります。

日々、現場で試行錯誤を繰り返し、
経験、実践しながら

瞬間瞬間で、判断して選び、
自分の中で仮説をたて、
決断を繰り返していく。

選んだことで起きた《失敗》と
選択したことで得た《成功》

の両輪を回しながら

知識や言葉の精度を上げ、
磨き、尖らせていく。

その結果、
ズバッと鋭い切込みを入れられる
ノミを手に入れ、

短時間で答えに近づく
“情報を削り出す力” がつく。

ツールがどれだけ発達しても
情報が爆発的に増えても
最終的に求められるのは
そのチカラなのでは…?

ChatGPTに触れて
そんなふうに思いました。

そんなChatGPTを
現場で使うレベルで理解できる
こちらの動画。

ほんとうにオススメなので、
ぜひぜひ観てみてください!
 ↓
▼ あなたの仕事が劇的に変わる!? チャットAI使いこなし最前線
https://www.youtube.com/live/ReoJcerYtuI