広告のクリック率を2倍以上に高める方法

From 古川馨

今、ある広告テストをしてます。

4月の末くらいからテストを開始して
だいたい2ヶ月弱くらいですが
通常の広告に比べて
2倍以上のクリック率に
なっているものがあります。

 

テスト当初から
「これはかなりイケるのでは?」
という確信はあったのですが、
それが証明されたという感じ。

それが何かと言うと
「漫画広告」です。

これはちょっと前にも
ウチのメルマガやYouTubeでも
話題にしているんですが
かなり良いです。

 

なので、
ネット広告出しているんだけど
いまいち反応が取れてない方は

この漫画広告を試してもらうと
良いんじゃないかと思います。
ここ最近ではかなり大ヒットです

じゃあ、なぜ、漫画がいいのか?
って話ですよね。
なぜ、漫画の方がクリックされるのか?

 

理由はいくつか考えられますが、
一つはインパクト。
つまり、珍しいからついつい見てしまう
という理由です。

もちろん、世の中には漫画の広告はあります。
ですが、それはあくまでコミックシーモアとか
ピッコマとかめっちゃコミックとか
漫画アプリ系で漫画の広告。
ビジネスに関することを漫画で広告しているところって
すごく稀。きっとほとんどないでしょう。

 

ごく一部の企業が漫画で広告を出しているくらい。

なので、
そのターゲットが普段、漫画の広告をみていない
なので、表示されたときに
いつもと違う、コレ何だ?って
興味を持ってくれる可能性が高いってことです。

2つ目の理由としては、
コンテンツとして受け止められやすいから。

 

これは漫画特有の雰囲気というか
特異性だと思いますが、
漫画で商品を売り込まれても
それをコンテンツとして
受け止められるというか

同じことを人がやると
どうしても売り込み感やイヤラシさが
出てしまいますが、
漫画はコミカルさが強くでるので
売り込み感が薄まります。

 

その分、広告への拒絶反応が
少なくなる傾向にあります。

これは漫画ニュースレターで
売り込みばかりしていても
お客さんから嫌がられない
むしろ楽しみにしてもらえている
という経験から確信に変わっています

 

このように、珍しさやインパクト。
売り込み感がマイルドになる
といった特徴から
反応がとりやすいわけなんです。

広告クリエイティブは
飽きられてしまうと
反応が取れなくなるので
常に新しいものを求められますよね

その点でも漫画広告は
レア素材なのでオススメです。

 

そして、最後に漫画広告を出稿するなら
Facebook広告がオススメ。

というのも、Google広告とFacebook広告
のパフォーマンスを比較したときに
Facebook広告の方が反応がいいんですね。

これはFacebook広告の特性上
広告が投稿の一部として
フィードに流れてくる。

 

Facebookを見るときって
「何か気になる投稿ないかな〜」
と見ていくと思うんですが、
そこに普通の投稿の合間に
でてくるので
注目されやすいのかなと思います。

なので、
もし、漫画広告やってみようかな、、、
と考えているなら
Facebook広告で試すのがオススメですよ

 

ps.
ちなみに、Facebook広告のやり方がわからない
Facebook広告が初めてという方は
こちらがオススメです。

https://saleswriter.co.jp/fb-ad-202206/

コメントを残す


CAPTCHA