運営会社紹介

楠瀬健之 ごあいさつ

人生を変えた出会い

今から7年前。僕は自分の人生を大きく変えることになるある講座に参加しました。その講座とは、ダイレクト出版の小川さんが開催した「パートナー養成会」というセールスライターをサポートするための1年間の講座です。

今の僕しか知らない人からしたら信じられない話かもしれませんが、その頃の僕は、セールスライターとしてどん底の人生を歩んでいました。とにかくお金がなかったので、5年間同じシャツを着続けたり、穴の開いたパンツを履き続けていました。千数百円の本を買うお金すらなかったので、マーケティングの本は本屋で立ち読みしていました。そんな状態だったため、小川さんの講座に参加するためのお金も、唯一上手くいっていた自分のお店を売却して工面したくらいです。

その頃の僕は、本当に何をやってもうまくいきませんでした。「このままじゃいけない」と思っても、同じ毎日を繰り返してしまう・・・毎晩毎晩「俺はなんてダメなやつなんだ」と絶望の淵を彷徨っていました。来る日も来る日も「金・金・金」。常にお金のことしか考えていない状態でした。そんな時です。小川さんの講座に出会ったのは。

僕はすぐに飛びつきました。今だから言えますが「きっとこの人は俺の知らないすごい秘密を知っているはずだ」と、もっと楽してお金を稼ぐことができる秘密があるんだと信じてその講座に参加したのです。でも・・・

魔法のノウハウなんて存在しませんでした

講座に参加した当初、僕は毎月小川さんに魔法のノウハウの秘密を聞きに行っていました。でも一向にそんなことは話してくれませんでした。そして、そんな秘密なんてないんだとやっと気がつきました。本当は自分でもうっすら気づいていました。でもそれを認めてしまったら、今までの自分の全てを否定することになってしまいます。そんなチンケなプライドを捨てることができなかったのです。うまくいかない自分を受け入れる勇気を持つことができなかったのです。でもそんな間違った僕のチンケなプライドを、小川さんは粉々に砕いてくれました。僕の間違ったマインドを180度ひっくり返してくれました。

小川さんは僕に、スワイプの使い方やそれを使いこなすためのスキルはもちろんですが、もっと大事なことを教えてくれました。セールスライターの本質を1年間の講座の中で僕に叩き込んでくれました。セールスライターとはどう在るべきなのか、セールスライターとはどう生きるべきなのか、セールスライターとしての本質を教えてくれました。セールスライターとは生き方・在り方なんだと教えてくれました。小川さんの講座に参加して、ようやく僕はセールスライターとして本当のキャリアをスタートすることができたのです。そして・・・

世界が変わりました

それまで、誰からも信頼されず、誰からも相手にされなたっか僕の周りに、一緒に仕事をしたいと言ってきてくれる人が増えていきました。心の底から憧れる人たちとお仕事をさせていただける機会も増えてきました。今では、ダイレクト出版のビジネスパートナーとしてケネディのNOBSの解説や、上級セールスライター向けプログラムのスパイダンケネディコピーの解説を担当させていただいたり、各業界のトップの人たちと一緒に、社会に貢献できる価値あるお仕事をさせていただけるようにもなりました。その結果、あんなに欲しくて欲しくてたまらなかった「お金」も、自然と増えていきました。気がついたら、お金のことを一切気にしなくてもいいステージまで来ていました。

僕は小川さんにチンケなプライドを粉々に砕いてもらい、そして周りの多くの人に支えられ、セールスライターとして成功することができたのです。

セールスライター業界の悲惨な現実

僕はこれまで多くのセールスライター志望者の起業支援をしてきました。その人数は少なくとも400人以上になります。そして、多くのセールスライター志望者が、セールスライターというキャリアに無限の可能性を感じこの世界に足を踏み入れては、夢半ばに挫折しこの世界から去っていくのを間近で見てきました。7年前の僕と同じように、間違った考え、間違ったやり方で失敗し、中には立ち直れないくらい人生をボロボロにしてしまった方もいます。家族の幸せを願いこの世界に飛び込んできたのに、家庭崩壊という最悪の結末を迎えてしまった方もいます。僕はもうそんなものを見たくありません。

セールスライターとして一足先に成功させてもらった身として、そんな状況を「どうにかしなくちゃいけない」と本気で思いました。このままじゃ「セールスライターという仕事が社会的に認めてもらえない仕事になってしまう」「胡散臭い仕事というレッテルを貼られてしまう」と、強い危機感を覚えました。でも、多くのセールスライター志望者が挫折していくのを見て・・・

心では仕方なくないと感じているのに、仕方ないんだと思って目を背けてきました。心は納得していないのに、仕方ないことだと自分に言い聞かせていました。でも、もう自分の心にウソをついて生きるのはやめにします。だから今日ここで決意表明をします。

もう誰も見捨てない

80:20の法則。この世界は常に2割が8割の成果をあげ、8割が2割の成果を分け合っています。だから、8割のセールスライター志望者が成果を出せずこの世界を去っていくのは仕方のないことなんだと、見て見ぬ振りをしてきました。心は納得していないのに、それは仕方のないことなんだと自分に言い聞かせていました。

でもそんなのは、賢い気になって逃げていただけでした。でももう逃げません。8割のセールスライター志望者が成果を出せないのは「80:20の法則」のせいではなく、自分の力量が足りないだけ。そして、ようやく、8割の人たちにも成果を出してもらえるようなサポートができる、仕組みや方法を実現できる力量が付いてきました。

まだまだ改善の余地はありますが、今の自分にできる100%で、その時の自分にできる100%を提供しながらサポートし続け、セールスライター志望者の人たちと共に成長し続けていきます。そして、こんな僕の想いに共感してくれる方と一緒に、セールスライター業界の明日を作っていくと決めました。

「もう誰も見捨てない。成果や価値を提供するために必要な限りのサポートをする。」僕はそう決めました。残りの人生、その信念に従い命を燃やして生きていくと決意しました。

僕には夢があります

小学6年生が卒業文集の「将来の夢」に、男の子ならパイロットや野球選手、女の子ならケーキ屋さんと書かれるのが当たり前のように、「夢はセールスライター」と書かれるのが当たり前の社会を実現することです。

そして、中学生が進路指導の3者面談の時に、「僕(私)はセールスライターになりたいのでこの高校に進学します」と、将来の現実的な夢として、未来ある子供達がそのキャリアに挑戦していくような社会を築いていくことです。

セールスライターとは、そのくらい素晴らしい仕事なんだと僕は心の底から思っています。人生を掛けてでもやる価値のあるキャリアなんだと本気で思っています。そして、心の底から憧れる人と一緒に生きていけるセールスライターという仕事をしている自分自身を、誇りに思っています。

きっとこんなことを言ったら多くの人に笑われるかもしれません。でも僕は本気です。僕は僕のこの夢の実現のために、1人でも多くのセールスライターが活躍できる社会を作るために、そして、僕を必要としてくれるセールスライター志望者の人が1人でもいる限り、僕は残りの人生をかけてセールスライター志望者のキャリア支援をしていくと決めました。

もしあなたがセールスライターというキャリアを歩んでいくことに
少しでも不安を感じているのなら・・・

 あなたと同じ苦悩や葛藤を抱えていた先輩セールスライターがどうやってそれを乗り越えていったのか?生々しい現場情報を先輩セールスライターたちがこのサイトで全て公開してくれています。きっとその情報は、これからセールスライターとしてのキャリアを歩んでいこうとしているあなたにとって、大きな助けとなってくれるはずです。先輩セールスライターがこのサイトを通じて、正しいキャリアの築き方を教えてくれます。そして・・・

もしあなたがこの世界で本気でやっていこうと、最初の一歩を踏み出す決意が固まったのなら、僕が主催する「セールスライターキャリア支援会」に勇気を持って飛び込んできてください。僕を信じてついてきてください。僕とつながりを持ってください。僕とつながり続けてください。あなたが諦めない限り僕も諦めません。ダイレクト出版の小川さんが僕にそうしてくれたように、今度は僕があなたをサポートします。

出来なくて当たり前です。やれなくて当たり前です。つまづいて当たり前です。僕は、僕を信じて頼ってくれたセールスライター志望者の人たちが、それぞれのたどり着きたい場所に辿り着けるまでサポートします。誰一人こぼれ落ちないよう全力でサポートし続けます。だから僕はここで決意表明をします。

「もう誰も見捨てない。」

TheSalesWriter創設者

社 名 日本販売促進サポートセンター株式会社
代 表 楠瀬健之
設 立 2010年4月
所在地 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-31-11 201
メールアドレス contact@kusunosetakeshi.com