商品を売るコピーvsベネフィットを売るコピー

コピーには
大きく分けて2つの種類があります。

1つは商品を売るコピー。
もう1つはベネフィットを売るコピー。

商品を書くコピーとは
文字通り「商品そのもの」を売り込むコピーです。

ベネフィットを売るコピーとは
商品がもたらすベネフィットを売り込むコピーです。

で、コピーを書いても反応が取れないのは
大抵の場合、
この2つのコピーの使い方を間違えてしまっているから
なんですね。

つまり、どっちがいい悪いということではなく
状況に応じて、
最適な方を使うことが出来るかどうか?が重要
になってくるのです。

では一体、どんな時に
どちらのコピーを使えばいいのでしょうか?

今日の動画では

  • マスクを売るならベネフィットを売ってはいけない理由
  • 市場が商品を求めているのか?ベネフィットを求めているのか?をリサーチする方法
  • 駆け出しセールスライターが陥りやすいベネフィットライティングの罠

などなど
続きは動画でごらんください。

コメントを残す


CAPTCHA