セールスライターはデザインツールにどれだけお金をかけるべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:甲斐 慶彦

セールスライターとして、さまざまな集客ツールを制作するのが仕事である私たちですが…、そこで「デザイン」というのは避けたくても避けられない要素ですよね。

最も大事なのは、言うまでもなく「何を伝えるか?」というコピー・メッセージの要素。
しかし、そのメッセージを印象的に受け取ってもらうためにはどうしても「デザイン」という要素が重要になってきます。

私たちセールスライターは、デザインツールにどこまでお金をかけるべきなんでしょうか…?私の体験談をシェアしたいと思います。

と、ここから
いきなり余談に逸れますが…

最近ようやく【フォトショップ】という
画像編集ソフトを購入しました。

もう1年以上前から画像編集ソフトの必要性は頭では理解していたものの、ず〜〜〜〜っと先延ばしにしてきました。それが、ようやくの購入。

デザイナーをしている弟からは「いいかげん、買えば?」と1年以上言われていたにもかかわらず、全然購入せず、最近あることをキッカケにアッサリ購入に至ったのでした。

画像編集ソフトに月額7,000円…あなたなら出しますか?

言うまでもなく、私たちはセールスライターであり、デザイナーではありません。
なので画像編集ソフトに月額7,000円は高いなーって純粋に思っていたんです。

一方で、【イラストレーター】というデザインソフトは、躊躇なく購入していました。イラストレーターは単独であれば月額2,400円程度…これで自由自在に自分の集客ツールをかっこよくできるのであれば、安い買い物ですよね?

このイラストレーターとともに、
さらにフォトショップという画像編集ソフトを一緒に使おうと思ったら【adobe(アドビ) フルコンプリートパック】というプランを購入しなければならず、それが月額9,800円。画像編集機能がプラスされるだけで月額料金7,000円も増額。

ん〜高い…

たしかにこれまで集客ツールを制作する中で、画像を編集する必要性は何度か出てきていました。逆光の画像は使いにくいですし、暗い画像も使いにくい…集客ツールを作るにあたって、クライアントがそういった画像しか持っていない場合、どうしても画像編集ソフトが必要不可欠になってくるわけです。

…が、使用頻度はどうしてもイラストレーターよりも低い。そこに月額7,000円も上乗せして払うかな…。そう、ウダウダ1年以上も悩んできたわけです。

しかし…

あるキッカケであっさりフォトショップ購入:そのキッカケとは…?

1年以上ウダウダ購入を先延ばしにしてきたフォトショップですが、最近それをあっさり購入するキッカケが生まれました。

それが、【adobe stock(アドビストック)】という月に10枚の画像を自由にダウンロードできる、というサービス。これがフルコンプリートパックにプラスされていることを知ったのです。

それまで私は、この記事の冒頭にあるような「イイ感じの画像」を月に10枚自由にダウンロードできる、(iStock)というサービスに単独で月額1万円も払っていました。

無料の画像素材がダウンロードできるサイトもいいですが、無料のサイトって検索機能がわざと不便になってるので、画像探しだけでイタズラに時間がかかってしまいます。画像探しの無駄な時間を削減しようと思ったら、有料の画像サービスを購入するのは、賢い選択じゃないか、ということで月額1万円も払っていたのです。

それがフォトショップと合わせて利用できて、プラス7,000円で済むことがわかりました。これなら買いじゃん!ってことで購入に至ったのでした。

そう結局、自由自在に画像を編集できる「画像編集ソフト」よりも、画像を自由にダウンロードできる、という機能に釣られて adobe のフルコンプリートパックを購入したわけです。

勝手に【セールスライターのためのデザインツールランキング】

やっぱり自分の専門分野以外については、手間のかかる編集ソフトよりも、結果がすぐに手に入るツールを優先して購入してしまうんだなー、というのが今回の購買体験談でした。

私たちがモノ・サービスを売るときはこういったことも意識すべきですよね。

 

 

さて、脇道から強制的に戻しますが(というか今回、脇道がメインみたいになってしまいましたが)…

私たちセールスライターは「デザインツール」にどれだけお金をかけるべきなんでしょうか?私が思う各デザインツールの優先順位は以下のような感じになりました。

優先度1位:
集客ツールのレイアウト・デザインが自由自在にできる
Adobe イラストレーター(単独利用なら月額2,400円ほど)

やっぱり紙面でも、WEB上のファーストビューでも、
自在にデザインできるツールは私たちにとって一番必要かもしれません。
単独なら月額2,400円なのでお手頃ですしね…。

優先度2位:
好きな画像を自由にダウンロードできる
Adobe stock(イラストレーターとセットなら月額6,000円ほど)
iStock Photo(単独で月額1万円ほど)

ただでさえ忙しい中、画像探しの時間を買う、と思ったら安い買い物じゃないでしょうか。

優先度3位:
逆光や暗い画像でも綺麗な画像に自在に「イイ感じ」に編集できる
Adobe フォトショップ(イラストレーターやストックとセットで月額9,800円)
(フォトショップ単独なら月額2,000円程度)

使いにくい画像しか手に入らない場合は、これが必要不可欠になってきます

 

さて、いかがでしょうか?
セールスライターにとってデザインツールは「いつかは必要になるツール」だと思うので、こういった優先順位を参考にデザインツールを購入してみるのもいいかもしれません。

P.S. どういったタイミングで私たちセールスライターに「デザイン」が求められてくるのか…?これが明確にイメージできる記事がこちら → コチラ

コメントを残す