“8割の好奇心”を捨てる勇気

From:長嶋雄二

 

先日、年末感謝祭として

「Googleアナリティクス
&ヒートマップ超入門講座」

を開催しました。

参加してくれたみなさん、
ありがとうございました。

この講座では
LPの成約率を上げるために

「Googleアナリティクスとヒートマップを
どのように活用すればいいか?」

をお伝えしていたのですが、
そのポイントって
5つに絞ることができるんです。

少し言い方を変えると、
5つのポイントさえわかっていれば、
他のことってやらなくていいってことです。

 

真面目な人ほど陥る罠

これって、
どんな場面でも言えることなんですが、
成果をもたらしてくれる部分って
全体の2割ぐらいのことがほとんど。

例えば、、、

・売上の8割は、全顧客のうち2割
・会社利益の8割は、全従業員のうち2割
・納税額の8割は、2割の富裕者層
・WEBツール利用者の8割は、全機能の2割しか使わない
・物事の本質の8割は、2割に集約されている

などなど、こんな感じで、
8:2の法則(パレートの法則)として
この考え方は有名ですよね。

だから成果を求めるなら
本当に重要な部分に注力すること。

つまり、
『2割の部分に
エネルギーを注ぐことが重要だな』
と、改めて感じたわけです。

なので、今日はぜひここで、
あなたにも振り返ってみて欲しいと思っています。

それは、、、

今、成果を出すために、
2割の重要な部分に力を入れることが
できているか?

ということです。

 

2022年あなたが注力することは?

あなたにとって重要な2割は
どこにあるでしょうか?

例えば、もしあなたが、
集客に困っているとしたら、
どんな方法に取り組んでいますか?

・Google広告
・Facebook広告
・YouTube
・SNS
・ブログ

などなど…

いろんな方法がありますが、
あれこれ手を出しすぎて
成果がでせてなかったりしませんか?

 

実は僕も起業した頃は、
あれこれやりすぎていました。

ブログを書いて、
交流会に参加して、
チラシをポスティングして、
Facebook広告にも手をつけて
ツイッターもやろうとして、、、

「これがいい!」

と言われてものには
手当たり次第、飛びついていたんです。

 

でも、、、ほとんどが成果には
繋がりませんでした。

結局、全部が中途半端になってしまうんですよね…

 

いろんな方法にチャレンジするのは
悪いことではないと思います。

むしろ、集客においては、
見込み客との接点を増やすという意味で
自分のメディアを増やすのは良い選択です。

でも!

まだ1つもうまくいかないのに
あれこれと手を出してしまうのは
ちょっと違うかな、と思います。

「これだ!」
「これならいける!」
「ここには見込み客がいる!」

そう感じた方法には、
全力で取り組んでみて欲しいんです。

 

もちろん向き不向きはあります。
でも、可能性がありそうなものに絞って
きちんとエネルギーを注ぐ。

そして、継続すること。

それが間違いなく、成果を出すために
重要なことだと思います。

 

実際、僕も、あれこれやっていた事をやめて、
ブログ(ワードプレス)だけに注力してから
ライターとしての仕事を増やしていけるようになりました。

当時の僕に取っては、
ブログに取り組むことが
2割の大事な活動だったというわけです。

 

こうした問題って、きっと
あなたが勉強家であればあるほど、
ハマってしまうと思います。

価値ある情報に敏感だからこそ、
ついつい、どうしても、
気を取られてしまうと思うんです。

でも、もしかすると、
あなたのその好奇心が、
成果を遠ざけているかもしれません。

だから本当に成果を望むなら、
自分にとって大事な、2割を見つけること。

逆をいえば、必要のない8割は
スパッと捨てること。

ここをぜひ、強く強く意識してみてください。

もうすぐ2021年も終わりますが、、、

これからのあなたにとって必要な2割って、
どんなことがありそうですか?

コメントを残す


CAPTCHA