DMの反応率を上げる3つの方法

From;宮川徳生

ネット集客全盛の今
オフライン広告はもう古いのか?

 

コロナになって
「オフラインは死んだ」とか
「ネット以外ありえない」って言う人は多いですが
全然そんなことはありません。

 

チラシでもDMでも
ニュースレターでもFAXDMでも
オフライン広告だって
まだまだ現役で成果出せる媒体です。

 

で、その中でも
経験上DMはかなり優秀な媒体だと
思っています。

 

実際、ウチのある事業でも
DMを使って普通に集客していますので
ネットだからオフラインはもう古いって決めつける事自体
かなりもったいないなと思っています。

 

で、いつの時代もこういう議論はあって
SNSが流行ったらメールは死んだとか
みんなだ言い出しましたが
統計とってみるとメルマガの売上貢献率は
全然おちていません。

 

他にも、動画の時代になったら
テキストは死んだとかみんな言い出しましたが
ブログとかオウンドメディアとかから
ガンガン集客している会社は
たくさんあります。

 

要は、手法自体が完全に死ぬってことはなくて
「こういうケースではこの手法が効果的」って感じで
効果的なケースが確率されていくだけなんですよね。

 

で、これをみんな
トレンドにのった商品を売りたいがために
「〇〇は死んだ」って感じでポジショントークするってのが
売り手側が仕掛けてることなわけです。

 

なので、もちろん
どんなビジネスもDMが効果的かって言えばそうではないですが
どんな手法よりもDMが効果的なビジネスや
効果的な使い方ってのは存在するわけです。

DMの開封率を上げるすごい方法

僕の経験上
既存のリストに対して商品を売るケースでは
DMは使わない理由はないくらい
効果的だと思っています。

 

ただ、DMの一番の問題は
開封させることなんですよね。

 

はがきサイズのDMならいいんですが
封筒に入れたDMを送る時は
まず開封してもらわないと話になりません。

 

なので、DMで成果を出すためには
開封させる工夫が必要になってきます。

 

つまり、開封率を上げれば
自然と反応率が高まるってことです。

 

じゃあ、どうすれば
開封率を上げられるのか?

 

僕が実践してきた中で
オススメの方法が3つあるので
今日はその方法を紹介したいと思います。

まず1つ目は…

コメントを残す


CAPTCHA