公開日:2015/07/07

セールスコピーを売るな!【寺本隆裕✕楠瀬健之対談 vol.2】

セールスコピーを売るな!
Vol.2

セールスコピーを売るな!

楠瀬
楠瀬

フロントエンド商品の休眠客集客代行は簡単に成果を出すことができます。
しかも、「コスト」は最小限で試してもらうことができます。

つまり、フロントエンド商品を販売する時は、「オファーを強烈」にすることができます。
ここで重要なのが、セールスコピーを売るのではなく、結果を売っているということです。

私は絶対にセールスコピーの話をしません。
必ず、結果を売るようにしています。

その理由は…

セールスライターの価値は「集客」

基本的に、セールスライターといっても経営者は理解できません。
どんな職業で、何をしてくれる仕事なのか?

なので、セールスライターが何をできるのか?から話さなくてはいけなくなります。

ですが、結果や休眠客集客などを売ることで、経営者自身が、あなたと契約をして、どんなメリットがあるのかを瞬時に理解をしてくれます。

フロントエンド商品の販売時に、セールスライターの役割などを説明している時間はありません。
FAXDMのヘッドラインや、営業時の最初の一言で、何をしてくれるのかを理解してもらうようにしなくてはいけません。

なので、セールスライターは集客を売らなくてはいけません。

美容室なら必ず集客できる

もし、あなたがNOBSを購読してくれているのなら、最初のクライアントは美容室にするべきです。

なぜなら、以前からNOBSを購読してくれているあなたには、美容室で使える休眠客集客用のDMのサンプルなどを見てもらっているからです。

NOBSで紹介した事例や方法などは全て本当です。
しかも、どんなDMを使って、どんなやり方で集客できるのかまで全てお話をしています。
あなたが美容室のクライアントを獲得して、集客できない理由はありません。

店舗ビジネス VS 通販ビジネス

先ほど美容室という話をしましたが、他の業種のクライアントを獲得したい場合は、店舗ビジネスに絞って営業活動をした方がいいでしょう。
なぜなら、店舗ビジネスは集客がしやすいので、クライアントに成果を出してもらえます。

ですが、通販ビジネスなどは、クライアント自身の力に大きく左右されてしまうので、成果が安定しません。
なので、あなたが、継続的にクライアントを獲得していき、成果を出していきたいのであれば、店舗ビジネス向けの集客代行サービスを展開していくことをお勧めします。

100人中23人を集客して18万円を売り上げた方法

実際に休眠客集客用DMを美容室のクライアントに3回出させてもらった時に、100人中23人が再来店して、18万円を売り上げることができました。
コストは52円のハガキを100通を3回出すだけなので、最高でも15,600円しかかかりません。

そんな低コストにも関わらず、休眠客集客でここまで成果を出すことができます。
さらに、美容室の場合は、リピートをしてもらえます。

DMでは半額クーポンが付いているので、再来店したお客さんの半分の11人が3ヶ月後に再来店したとします。
そうなると、約17万円の売上アップです。
そのお客さんが3ヶ月ごとにずっと来店されれば…

この価値をクライアントにわかってもらえれば、あなたの他の集客代行サービスが販売できないわけがありませんよね?

対談動画(7分30秒)

(セクション2:7分30秒)

コメントを残す