公開日:2015/07/08

あなたはWebスキルがありますか?【寺本隆裕✕楠瀬健之対談 vol.4】

あなたはWebスキルがありますか?
Vol.4

あなたはWebスキルがありますか?

楠瀬
楠瀬

ここで、重要なことをお話します。
それは、「Webスキルがあるなら、Webを販売する」事を強く勧めます。

基本的にWebのスキルを持っている人は少ないです。
ただ、HPが作成できるとかではなく、Webを使って集客できるスキルを持っているなら、Webを売る事を考えてください。

顧客単価が桁違い

先ほどまでの休眠客集客代行などとは違い、Webの販売は顧客単価が圧倒的に違います。
例えば、休眠客集客代行の場合、手数料はどんなに頑張っても10万円くらいが限界になるでしょう。

しかし、HPの集客代行を販売した場合、30万円40万円という報酬を毎月もらう事もできるようになります。
単純に休眠客集客代行に比べて、3〜4倍の報酬単価になります。

なぜ、Web集客は単価が高くなるのか?

今までの休眠客集客代行に比べて、Webを使った集客代行は単価が高くなるのでしょうか?

それは、Webは専門性が高く、休眠客集客代行は簡単にできてしまうからです。
例えば、休眠客集客代行はDMを作るだけです、サンプルさえあれば、誰でもできてしまいそうです。

しかしWebは違いますよね?

WebはHPでは見えない部分の専門知識が必要になり、通常の経営者では、全く手を出す事ができません。
そのため、Web集客は単価を高く設定する事ができるようになります。

コンサルは誰でも簡単にできそう。

残念な話ですが、コンサルやコピーライターの仕事は誰でも簡単にできるイメージを持たれています。

例えば、あなたが何日もリサーチをして、コピーを書くのに、何時間も費やして書き上げたにもかかわらず、クライアントは1日で片手間で作ったように思われてしまっています。

つまり、コピーライティングがどれだけ、難しくて、時間がかかる作業なのかは、クライアントに理解をしてもらうことはできませんし、理解をされていないがために、単価はアップすることは非常に困難でしょう。

対談動画(2分51秒)

(セクション4:2分51秒)

コメントを残す