コンテンツマーケティングの終焉か…?

From 古川馨

Google検索が大きく変わろうとしています。
検索結果に、生成AIが実装されるという話。
簡単にいうと検索すると
その検索結果に chatGPTのような
AIの解答がされるってこと。

これが結構やばい。
SEO界隈ではかなり問題になっています。

SEO終わった…
なんて呟きもあちらこちらから効かれます。

まぁ、大規模なGoogleのアップデートのたびに
Twitterは阿鼻叫喚だし、
毎回、SEOは死んだ…
ってワードが話題になるので
毎度お馴染みって話ではあるんですが…。

それは別にしても、大きな変化ではあります。

何がヤバいかというと
検索に対して生成AIが回答を出してしまうため、
検索結果ページだけで用が済んでしまう。

例えば、
「 ChatGPT」とか検索すると
「 ChatGPTとは〜〜〜〜〜」
という解説分が検索結果に
表示されてしまうってこと。

そうなると、検索結果に表示されたサイトに
行かなくていいですよね。
検索するだけで問題解決。
情報系のサイトはほぼ死に絶えるんじゃないか
とすら言われています。

これはヤバい…。と。

もちろん、より詳しく知りたいとか
画像や動画で解説しているサイトは
まだまだ重宝されるでしょう。

でも、ざっくりでも知りたい内容が
検索するだけでわかってしまうと
それで満足する人は増えますよね。

当然、サイトへの流入数は
何割かは落ちてしまうことは
覚悟する必要があるでしょう。

これからコンテンツマーケティングは
かなり熾烈な争いを強いられると思います。

ただでさえ、今のコンテンツマーケティングは
EEAT(経験、専門性、権威性、信頼性)
やYMYL(金融、生活、健康)の評価基準があるため
検索順位を上げるのは至難の技です。

同一カテゴリー内に大手がいたら
ほぼ勝てないゲームですしね。

現在はアメリカでの試験運転中で
表示が安定していないようですが、
単純な知識、ノウハウだけを集めたサイトは
かなり厳しくなるんじゃないかと見ています。

生成AIが検索結果に答え出しちゃいますからね。
ただ、希望はあります。

まだ、試験運転中ということもあり
確実なことは言えませんが、
あるポイントを押さえたコンテンツは
AIが主流になっても戦えるんじゃないかと
考えています。

それが、、、
実体験を伴うコンテンツ
です。

これはどんなに生成AIが発達しても
作れないコンテンツです。

実際、SEO関連の発信をチェックしてみると
実体験系のブログとかの上位アップが
観測されているようなんですね

先日、SEOの大御所
サイバーエージェントの木村さんの
セミナーに参加した時も

YMYカテゴリーで順位を下げていた
闘病ブログ系が順位を戻してきている
という話をしていました。

つまり、誰がその記事を書いているのか
実体験を伴う当時者が書いたものなのか
第三者がキュレーション的に
情報を寄せ集めしただけなのか?
ここがポイント。

そして、Googleも生成AIで
カバーできないその部分の評価を
見直してきているんじゃないかってことです。

こういった体験、経験を重視する傾向は
SEOコンテンツだけに
限ったことではありません。

今はまだ chatGPTの利用率はかなり低いですが
これが半数以上が使うようになったら、、、
ビジネスパーソンの8割が使うようになったら、、、

ほとんどの知識やノウハウは
生成AIに尋ねるだけで
回答が得られてしまいます。

例えば、chatGPTに聞けば
ビジネスの改善点の指摘や
提案をしてくれます。
しかも、無料で。

GPT-4にしたって月額5000円程度です。
しかも、24時間いつでも何度でも答えてくれます。
これに勝つのは結構厳しい。

実際、ChatGPTをコンサルにしよう
というプロンプトもすでに存在しますしね。

ネット上に散らばっている知識やノウハウは
chatGPTに聞けば、答えてくれます。
自分のビジネスの状況などを詳しく入力すれば
それに応じた回答も返ってきます。

なので、ただの知識やノウハウの価値が
これからどんどん下がることは間違いないでしょう。

そうなると
あなた自身が実践して経験してきたことや
あなただから言えること
あなた独自のノウハウなどが
より求められることになります。

AIに代替されないユニークな要素を取り入れ
AIに駆逐されないコンテンツを提供していきましょう