飛行機が苦手なセールスライターの告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:長岡和男

機内放送♪
「みな様こんにちは、本日はスターアライアンスメンバー全日空をご利用いただきありがとうございます。この飛行機は・・」

はじめまして
The Sales Writerでは、お初にお目にかかります。

現在中小企業経営支援会でCS(カスタマーサポート)を担当させていただいております長岡和男と申します。札幌市在住です。どうぞよろしくお願いいたします。

チームをお手伝いさせていただいて1年余りとなりますが、・・・

今回はミーティングで「よく北海道から来てますね」と言われるので、その道中でのお仕事事情、飛行機移動のポイントなどと言ったところをお伝え出来ればと思います。

飛行機はちょ~苦手

もう一度言います。

飛行機はちょ~、苦手です。^^;

それなのに「北海道から飛んできてスゴイ!」とか言われます。

それって、きっと北海道は外国だと思われているからではないでしょうか。

そんな感覚で北海道は見られているのではないか。

なので、毎回恐怖を乗り越えてくるしかありません。

何が怖いって、飛ぶこと!?浮かんでること?

また揺れます。

あのお腹の底から上がってくるなんとも言えないジワっとした感覚

ジェットコースターでのアレです。

考えただけでも、ジワっとしてしまいます。

今ジワっとなったあなた、少しでも感じてもらえるとうれしいです。

では、実際に空港へ向かってみましょう。

空港ロビーでは

とくに千歳空港は冬、滑走路の整備が大変です。

二車線?しかないとすると片一方が止まると大渋滞を空で起こします。

結局天候がよくても悪くても大方遅れます。

なのでそんな時には空港内の施設で仕事をすることになるのですが、そこは最新の空港です。
快適なものがありますね。^^

設備環境は素晴らしいです。

なので空港でのお仕事PC環境をここで少しご紹介してみようと思います。

まず千歳空港です


(手前がカウンター席で等間隔にコンセントがあります)

全部の施設をご紹介できませんが、出発ロビーではこんな感じで滑走路が見えます。

飛行機の発着を見ながらでもPCに向かって作業ができます。

気分は爽快、飛行機好きにはたまらないかもしれません。

ただ集中しすぎると乗り遅れたりします。

天候に合わせて搭乗口が変更になったり、アナウンスを聞き逃したりすると

「あかん、行ってもうた!」となる事がかれこれ1回あります。^^;

天候のせいということで次の便に振り替えできましたが危ないですね。

気をつけましょう。

次、飛行機での移動中はどうか?

機内でもWi-fi、OKとなります。

有料だったかな・・・?

電波を発しない機内モードではありますが

あの飛行機マークのアイコンですね。

ただし機内でPC広げるのは厳しいかもしれません。

エコノミーはキツキツのきつきつです。

ダイヤモンド会員ならゆったりとしたスペースでPCを開けそうですが。

エコノミーでPC仕事はヒジを畳んで脇をしめてと、きっと。。

狭いのはいうに及ばず、お隣さんからメッチャ見られる感じです。

大体機内でPCの出し入れはきびしいです。

せいぜいタブレットくらいの大きさがよろしいかと思います。

備え付けのテーブルの上でタイピングするのもなかなかのものですが、カタカタは相当周りに響く感じですね。

いつかチームの誰かがチャレンジしてくれるのでないかと期待してます。

機内は快適と言えるでしょう。

飛んでる90分間にはドリンクサービスがあります。

毛布、新聞、飴玉と充実しています。

機内のポジショニング

時間をむだにせず素早く移動するには座席の指定も大切です。

エコノミークラスでは機内での席は通路側に取ります。

早く移動するには座った座席から機内通路に素早く出ることです。

また機内持ち込み用サイズのバゲージにするのがコツかもしれません。

国内であれば手荷物受取場で普通に荷物が出てきますが、どうしても荷物受け取りの時間に、かかりますので移動用の荷物はコンパクトにまとめて手元で管理するとよいでしょう。

気がつけば、あっという間にランディングです。

着きました。羽田空港では


(こちらは出発ロビーのブース)

足早に移動していきます。

到着ロビーにもPC用にテーブルが用意されていますね。

たまに利用するのは地下モノレール改札近くのブースです。

京急の乗り換え口へも続いています。

お隣にはマッサージチェアが並んでます。

PC席数はわたしが知る限り2席ずつ4ヶ所です。

テーブルには、
コンセントがあるので充電しながらの作業ができます。

いつも必ずお1人はPCを開いている状況です。

出発ロビー入る前も、後でもPC利用可能の場所が用意されています。

1つだけ気になる点をお伝えすると、空港のフリーWifiとPCとの相性があまりよくないことです。

ご自身のルーターがある方はそちらを使用する方が、ストレスが少ないのではないでしょうか。

空飛ぶセールスライターが移動する時のうっかり注意ポイント

1)空港施設ロビーでの仕事環境は素晴らしいのでうっかり乗り遅れに注意
2)荷物は1つで機内持ち込みサイズがベストもしくは機内持込サイズで大小2点に分ける
3)座席位置は通路側うっかり窓側着席注意、手荷物が座席の下に入るならベスト
4)スマホは機内で一旦電波を機内モードへうっかりモードに注意
5)空港での手荷物検査は機器が多いと大変、検査機でうっかりスマホ警報なり注意
PC、スマホ、ペットボトルは別のトレーにのせてチェックを受けなければなりません。

いかがでしたでしょうか。

あなたも空港や機内をお仕事で利用するときには、こちらの点に注意してみると快適に移動できるかもしれません。

他にも空港には色々な施設が入っています。
空港での飲食、ショッピングをはじめ温泉(千歳)もあります。
お時間があればリサーチしてみるのもよいのではないでしょうか。

出張の際は、ぜひ試してみてくださいね。^^/

PS
このチームなら地方在住でも十分活動できますよ。
>> チームを覗いてみる

コメントを残す