非常識な飲食店の売れる仕組みの作り方〜Withコロナの新モデル〜

From:宮川徳生

コロナで最も打撃を受けた業種の1つ
それが飲食店です。

 

実際、2020年は
飲食店の倒産件数は過去最多を記録したようなので
いかにコロナが飲食店の常識を変えてしまったのか。

 

そのインパクトの大きさが
伺いしれます。

 

ただ、コロナで常識が変わってしまったとしても
ただ指を加えてもとに戻るのを待っているわけにはいけません。

 

楽観的に考えるなら
そのうちコロナが収束して
人の流れも戻るだろうと
考えることができます。

 

ですが、コロナが収束しても
飲食店全体の売上は80%ほどまでしか
回復しない…

 

なんてデータもでてきています。

 

普通の飲食店なら
売上が2割も吹っ飛べば
利益なんてほとんどでません。

 

ですから
コロナが続こうが収束しようが関係なく
今の状況下でも売上が上がる
新しい仕組みやビジネスモデルが
必要となってくるのです。

新しいビジネスモデルの作り方

今日の動画では
飲食店がコロナ時代で
どうやって売上を伸ばしていくのか?

 

新しいビジネスモデルの
作り方について紹介します。

 

飲食のクライアントがいる方は
ぜひこのモデルをクライアントに提案してください。

 

もちろん、全く新しいことへの挑戦となるので
実現は確かに簡単ではないと思います。

 

ですが、実現できたら
これまでの売上を遥かに超える
大きな収益を上げることができます。

 

PS.
このモデルについて
もっと詳しく知りたい、もっと具体的に知りたいという方は
こちらの講座がオススメです。

 

今なら100円でお試しできます。
↓↓↓
詳細はこちら

コメントを残す


CAPTCHA