【フリーランス】もうすでに首切りは始まっている

もうすでに首切りは始まっている

コロナによる
アメリカの失業率が
大変なことになってきました。

このままでは
3人に1人が失業するなんて数字も
出てきています。

洒落でもなんでもなく
大恐慌時の失業率を超える
未曾有の大不況が現実味

帯びてきました。

ただ、まだ日本は
そこまでではないかもしれません。

だから、
どこか他人事のように感じている方も
多くいると思います。

でも、コロナによる倒産や
コロナによる失業のニュースも
徐々に出始めてきています。

アメリカの状況を
対岸の火事と楽観視するのは
少々危険なんじゃないでしょうか。

最悪の事態を想定して
もし万が一そういう事態が起きたとしても
問題ない準備をしておく。

不透明だからこそ、僕たちのような
いわゆるフリーランスのような仕事をしている人間は
万事に備えておきたいものです。

それに、ホリエモンは
テレワークが加速することで
無能な人が炙り出されると言っていました。

そうすることで
10人中9人は別にいなくてもいい人材だったと
企業が気づいてしまう、とも言っていました。

つまり、不況で失業という側面もありますが
テレワークによる業務の効率化が進むことで
力量が足らないことによる失業も
同時に起こりうる時代になる
ということです。

ただ、これは
恐怖を煽りたいわけで
こんなことを言っているわけではありません。

そうではなく
現実をキチンと認識して
しっかりと対策をしましょうということが
言いたいのです。

なぜなら、僕たちセールスライターは
企業からしてみたら、いわゆる外注先です。

冷静に考えて
企業の業績が下がれば
真っ先に解雇される対象
な訳です。

であれば
その事実は受け入れて
アメリカのような状況になる前に
対策を講じておくべきだと思うのです。

では、そのために何ができるのか?

コロナ不況が日本でも表面化して
失業者が溢れるようになった時
仕事を失わずに済むために
今、何ができるのでしょうか?

そのためにできることは
大きく分けて3つあります。

1つ目は…

コメントを残す


CAPTCHA