キングコング西野に学ぶ「熱烈なファンを増やし続ける人の秘密」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:甲斐 慶彦
沖縄 那覇市の自宅より

成人の日に振袖貸付のサービス提供を全部スッポカしてしまい、大事件になった「ハレノヒ」の事件をご存知でしょうか?

そこでキングコング西野さんが、「ハレノヒの被害を受けた人たちのために、2回目の成人式をやろう」という企画を立ち上げました。「偽善者!」「人の不幸を自分の宣伝に使うな!」と一旦炎上し、さらに「イベントが大盛況に終わった」とニュースで取り上げられると、それが原因でまた炎上、と話題になっています。

先日、ふと夜にテレビを見ているとMr.サンデーという番組で「キンコン西野の実態」というドキュメンタリーコーナーがありました。その中で「週に3、4回炎上するので慣れてるし、もう何も感じないんですよね(笑)」と語ってた西野さんのエピソードが面白かったのでシェアしたいと思います。

なぜ「週3、4回炎上」しているキングコング西野に熱烈なファンが集まり続けるのか?

正直これまで、関心を寄せていなかったキングコング西野さんですが、このドキュメンタリーを見て、見え方が大きく変わりました。

「炎上芸人」みたいなイメージから一変…
めちゃくちゃ熱烈なファンをどんどん引き寄せてるんですね。この人。

西野さんが行くイベントの懇親会は、誰が示し合わせたわけでもなく、西野さんへのプレゼン大会に様変わりするそうです。そして、良いアイデアがあったら即実行。ほんの数分で、アイデアの全体像、会場、運営メンバーが決まるそうです(メンバーはその懇親会の参加者が自主的に手を挙げるそうです)。

「2回目の成人式」イベントも西野さん発案、というよりはこういった形で始まったようですね。イベント当日は、趣旨に賛同した着物レンタル業者が集まり、着付けのボランティアスタッフだけで数百人が集まりました。

そして、結果は大盛況。

ハレノヒの被害を受けて、成人式に出られなかった新成人約100名が参加し、無償で振袖の貸し出しや着付け、プロカメラマンによる写真撮影が行われました。クルージングによる船上パーティーは華々しく報じられていましたね。

参加者は「忘れられない、最高の『成人の日』の思い出になりました」と口々に語って喜んだそうです。このイベントだけで、ボランティアスタッフを初め、参加者、参加者の家族、と数百人の新しい西野さんファンが生まれたんではないでしょうか。

14才の子どもに語った、ヘコたれないキンコン西野の行動原理

この番組の中で印象深いエピソードがありました。

「病気で、普段出歩けない子どもたちのために、光る絵の展示会を開いてほしい」という、あるお母さんの要望を、西野さんが本当に実現したイベントです。たった十数人の子どもたちのために、多くの大人が集まり、イベントは成功裡に終わりました。

その中のやりとりで、14才の病気の男の子と西野さんとの会話がとても印象的でした。

「西野さんって、なんでそんなに動き続けられるんですか?迷いとかないんですか?失敗したりヘコんだりしないんですか?」

こう14才の男の子に聞かれ、本にサインを書きながら西野さんは何気なくこんな風に答えていました。

「自分はバカだから失敗を気にしないし、失敗した方が周りはおもろがってくれる」

私は、この言葉がとっても衝撃的でした。

実は最近、社長向けのプロモーションを進める中で、なかなか結果が出ないことに、くじけそうになったり、意気消沈してしまったり、ヘコたれかけている自分がいました。でも、そんな悩みが嘘のように吹き飛んだ言葉だったのです。

あなたの「失敗」がファンをつくる

この番組を観て

「失敗した方が周りはおもろがってくれる」

というのは本当に真実を突いた洞察だなぁ、と感じました。

実際、人は自分と同じような属性の人が失敗してると、自然とそれに注意を向けるんですよね。さらに面白がってそれを消化してくれます。それが同時に価値を届けることにもなります。

先週書いた「これは絶対売れないな」って思うLPができたから分析してみたという記事も思った以上に読まれ、良い反響があり、「他人の失敗」に対する関心の高さを私自身、実感しました(笑)

世界的な大富豪で、ブルームバーグの長者番付13位にランキングされている中国の起業家 アリババの会長もこんな話をしています。

「覚えておいてください。成功したいなら、他人のミスから学びなさい。他人の成功話は、聞かなくてもいいです。」

つまりこれを裏返すと…、あなたが失敗して、それを周りにシェアするほど周囲に価値を届けられる、ということです。さらに、周囲の人はそれを面白がってくれて、信頼も親近感も積み上がっていきます。失敗を積み上げるほど、自分の魅力も上がっていく、ってことですね。

楠瀬さんは同じような教訓をこんな風に表現して、私たちパートナーメンバーにシェアしてくれます。
「今あなたがぶつかっている障害は、次にその障害にぶつかる人たちのためにある」「障害を乗り越えることで、それが次の人にとって最高の教材になるから」(私の解釈が多分に入っていますが…)。

この楠瀬さんの言葉と、キングコング西野さんのドキュメンタリーとが相まって、私は行動し続けるための素晴らしいセットアップを手に入れることができました。

「失敗を積み上げるほど、自分の魅力も積みあがっていく」

これ、意気消沈してしまったり、ヘコたれそうになってしまう自分に対して喝を入れてくれる最高のセットアップだと思いませんか?

これから、立ち止まってしまいそうになった時には、これを思い出して、行動力を継続させたいと思います。あなたも同じセットアップで動き続ければ、どんどん魅力を積み上げていくことができるはずですよ。オススメです。

P.S. ここ最近で、最高に面白く読んでしまったパートナーメンバーの失敗談がコチラ。この人にも一気にファンが生まれたんじゃないかな?と勝手に予想しています(笑)

コメントを残す