5560円で最初の実績を買った方法

from 森田 拓真

夜になるとカエルの合唱が聞こえ始めた静岡の自宅から

こんにちは、静岡で活動している森田です。

セールスライターになるためには、まずはクライアントを獲得しないといけませんよね。

でも、いざクライアント候補に話をすると、実績が無いことが理由で信頼してもらえない・・・なんてことが起きます。
実績が無いから、クライアント獲得できない。クライアント獲得できないから、実績は作れない・・・
という、負のループにはまってしまうのです。

他にも、成果が出なかったらどうしよう。。。と怖くて、もっとスキルをつけなきゃと勉強をいつまでも続けてしまうといったこともあるかと思います。

僕は、「成果を出せないかもしれない」という恐怖がとても強く行動出来ずにいました。
だから、ずっと実績も作れないままでした。

今回は、そんな成果を出せなかったらどうしようという恐怖を乗り越えて、最初の実績を手に入れた僕の話をさせてもらおうと思います。

2017年1月 自宅にて僕は頭を抱えていました

2015年夏頃、
セールスライターになって、場所にも時間にも縛られず、お金を稼いで悠々自適な人生を送るんだ!
と夢を見て、新卒で入社した観光土産品業界の会社に退職届けを出しました。

それからの約1年半が過ぎて、あっという間に気づけば2017年1月になっていました。

振り返ると何とか、前職にてお世話になった方々に助けてもらいながら観光土産品の卸売をしつつ、時には、お客さんの関係で、ワッフルを焼いて販売したり、鶏小屋の掃除をしたりといろいろな仕事をしながら生計をたてている状態でした。

そんな独立してからの自分を振り返っていて気づきました。

セールスライターになるために会社辞めたのに、何もやってねぇ!

セールスライターになるんだという思いは残っていたんですが、勉強をちょこちょこしているだけで、正直クライアント獲得活動もしていませんし、ほぼ何もやってないことに改めて向き合い頭を抱えていました。

そして、これからどう生きたいのかもう一度考え
2017年こそは、クライアント獲得して実績を作ってセールスライターとしてキャリアを積む!
っと決め、行動を開始しました。

まずは、クライアント獲得のために交流会に参加

とりあえず、クライアントに会うために交流会に行ってみようと思いました。そんな時に何となく入会していた商工会議所の月刊誌の中に、倫理法人会という社長が集まる交流会の案内がありました。

法人ではない僕でも参加する権利があるのか?問い合わせてみると、参加できるとのことで、早速、申込み。そして、当日、クライアント獲得するぞ、と意気込んで、開催場所のホテルに向かいました。

ドキドキしながら会場の扉を開けると、スーツを来た40〜60代のオーラを放っている(僕にはそう見えました)社長ばっかりです。まさに、クライアントの宝庫です。

しかし!

結果、クライアント獲得出来ず。

というか、

ほとんどセールスライターの話や集客の話が出来なかったのです。

なぜなら、めちゃくちゃ緊張したんです。

名刺交換をするも、ビビってしまって何をしているの?と聞かれた時に、観光土産品の卸売をしていると、言ってセールスライターの「セ」の字も出せずに、会話が終わっていました。
(思い返すと、セールスライター用の名刺も作らず突撃してましたね(汗))

惨敗でした。

やっぱり、最初は知り合いに頼むことに

知らない社長に実績のない自分が話をして聞いてもらえるのだろうか? 仕事になっても、成果を出せなくて怒られたらどうしよう?という思いが拭えなかった僕は、今の自分をさらけ出して、頼める人が誰かいないかと考えました。

ちょうどその時に、観光土産の仕事の方で、バスツアーに参加したお客さん用に、お茶(急須1杯分の試飲サイズ)とみかんを仕入れて、それぞれをセットにしたプレゼントを作って納品するという仕事がありました。

「コレだ!お茶を飲んだ人がお茶を注文できるようなチラシを作らせてもらおう!」

と思い、早速お茶屋さんの部長に電話してアポをとりました。

そして、打ち合わせ当日。
部長には、包み隠さずお伝えしました。


「今回のお茶のプレゼントに合わせて、美味しかった人が注文できるようなチラシを書かせて頂けませんでしょうか? チラシ作成料はいりません。さらに、印刷費もいりません。僕は、今後広告を作って、集客を代行することを仕事としていきたいんですが、実績が全くありません。なので、まずは、実績が欲しいんです。」

と言ってお伝えしました。

そんなことしたかったの!?と驚かれながらも、費用や手間がかからないなら良いよと、チラシを作ることを了承して下さいました!

チラシ制作&提案

初の仕事に、高揚感半分、不安半分になりながら、ネットで情報を集めたり、お客様の声も頂いたり、部長にお話を伺いながら、何とかA4チラシ両面を完成させました。

部長に社内で確認をしてもらい、
人生初のネットの印刷会社へ入稿&印刷です!

出来る限りのことはする

無事印刷が終わり、手元に届いた時は、ちゃんと形になったことに感無量です(泣)。ツアーは一日だけではなく、3週間の間に毎日のようにありました。

少しでも反応が欲しいので、チラシのデッドラインもツアー参加日に合わせて変えるために1枚1枚手書きで記入します。折り込んだチラシも、ヘッドラインを最初に読んでもらえるように、入れ方にも注意を払いました。

やれることは全てやった後は、結果を待つだけです。

ついに、初の実績を手に入れることに!

結果、ツアー参加者の1125名中、31名の方に注文頂くことができました。

部長もこんなに注文があるとは思っていなかったよ!っと喜んで下さいました。コピーが良かったというよりも、試飲のお茶が美味しかったというのが大きな要因かと思いますが^^;

とはいえ、これで僕はセールスライターとして初の実績を印刷代(1500部)の5560円で手にすることができたのです。

最初の実績作りに悩まれていらっしゃるなら、今の自分の状況を正直に話して、全て無料でするという方法がオススメです。これなら、クライアント側にリスクが無いので了承が得やすいと思います。

そして、こちらとしても、失敗して迷惑かけたらどうしよう・・・?といった不安もかなり軽減できるのはないでしょうか。

僕以外のセールスライターが、どうやって最初のクライアント獲得し、実績を獲得したかさらに知りたい方はこちらの記事がオススメです。
コチラ

コメントを残す