売れる代行パッケージの作り方

セールスライターが最も高額で
契約を獲得できるコンセプト。

それが“代行”です。

なぜなら、この“代行は
売るのが比較的簡単で高額にしやすい
という特徴があるんですね。

例えば、弊社のスタジオ事業の例で言うと
お客さんからこんなことを言われました。

「ウェビナーをやる時追加でお金を払うから、zoomの入退室も代わりにやってくれませんか?」

お客さんが
代わりにやって欲しいと思ってることは
むしろ向こうから

「お金を払うから代わりにやってくれ」

と言われるんです。

ただ、簡単にしかも高額で売れる
代行パッケージを作るには
ちょっとしたコツが必要です。

このコツを知らないと
「代行します」と言っても
そもそも売れません。

そこで今日は
売れる代行パッケージの作り方
についてお話したいと思います。

セールスライターは基本的に
代行を売りますから
これ知っておかないとすごくもったいないですよ。

PS.
昨日からご案内している

社長1人の不動産屋の年商を
たった一年で2.7倍にした3つのテンプレート
※受付は10月24日(土)まで

あなたが1から
広告を作らなくていいように
売れる広告のテンプレートを
こちらですでに用意しています。

メチャクチャ売れたテンプレートなので
ぜひ手に入れてクライアントの集客に
活用してくださいね。

コメントを残す


CAPTCHA