ライター・クリエイター必見!商談の成約率が劇的にアップする方法

ライターでも、クリエイターでも
案件を獲得するためにクリアーしなくてはならない
ハードルはいくつかありますよね。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)を
学ばれている方なら
よくわかっていることだと思いますが

  1. 見込み客の獲得
    ┗商品に興味を持った人を集める
  2. 顧客の教育
    ┗興味を持った見込み客に欲しいと思ってもらう
  3. 見込み客から顧客へCVさせる
    ┗実際に商品を買ってもらう

実際はもっと細かいことを
それぞれのフェーズでやるケースがほとんどですが
大枠ではこの3ステップが必要になってきます。

で、この立場で
仕事をさせてもらうようになって
もう3年くらい経ちますが
多くの方がつまづくのが“3”なんですよね。

実際の数を数えたわけではないのですが
これまでいただいた多くの相談は
3に関することが大半を占めていました。

「アポは取れるのですが契約に至らない」

「相談は何度も受けるのですが
 相談だけで終わってしまう」

つまり
CVさせるための商談が
うまく行かないということです。

もしかしたらあなたも
同じような悩みを抱えているかもしれませんね。

でも、手前味噌で恐縮ですが
僕の場合は大体2〜3件の商談に対して
1件はCVまで持っていくことができています。

なぜかというと
普通の人はまずやっていない
ちょっと変わった商談の仕方をしているからなんですね。

実際、僕は7年前に起業してから
一貫してこのやり方を無意識でやっていたので
起業時から案件獲得に困ったことは
ほとんどありません。

(僕の場合は継続契約が取れないことが問題でした)

というよりも最初の商談で
クライアントの「これやりたい」
まで持っていくことができています。

じゃあ、僕が商談の場で
どんなことをしているのか?っていうのが
今日の動画のテーマです。

ぶっちゃけ、これができれば
成約率は劇的にアップします。

そして、重要なのが
この方法はいわゆるセールストークを磨くとか
心理テクニックを使うとか
そういう小難しいことではありません。

もっとシンプルなのにも関わらず
「それやりたい」を引き出す
パワフルな方法なんです。

ただ、この方法を実践するには
慣れが必要なので人によっては
すぐにできることではないのですが…

でもそれでも
「何をするのか?」を知っていれば
誰でもすぐに実戦で使うことができる方法です。

その方法とは…

PS.
今日はこれから
僕が主催する高収入セールスライター養成コース
毎月やっている講座のオンライン開催です。

今日のテーマは
YouTubeに特化したVSLの作り方ということで
やってきます。

ただ、僕はすごい直感派なので
場の空気があまり感じられない
オンラインセミナーは課題がたくさんあります。

でも、参加してくれる方に
最高の時間だと思ってもらえるよう頑張ります!

コメントを残す


CAPTCHA