『楠瀬流』ビッグアイディアの見つけ方

From:楠瀬健之

「コピーの成否の9割を決めるのは
ビッグアイディアだ」

マイケルマスターソンは
そう言いました。

そして

「アイディアのないコピーは
暗闇の中を火を灯さず航海するのと
一緒だ」

広告の父と呼ばれる
オグルヴィもまた
アイディアの重要性について
語っています。

ただ
アイディアと言われても
ピンとこなくないですか?

僕は、今でこそ
”アイディア”の意味を理解することが
できていますが

経験の浅いときは
アイディアとは何なのか?

その意味すら
理解できずにいました。

ただ、アイディアとは
そんなに難しく考える必要は
ないんですね。

なぜなら
アイディアとは
ここを見れば
簡単に見つかるからです。

 

実は、アイディアを理解できてない人は
アイディアとは作るものだと
捉えてしまっています。

自分から生み出すものだと
思ってしまっているのです。

だから、自分のインスピレーションに頼り
考え続けるということをします。

でも、これは
ダンケネディも言ってしますが
アイディアを出すときに
もっともやってはいけない行為です。

「インスピレーションを
過大評価しすぎている」

「答えは市場にしかない」

つまり、アイディアは
自分の中から新しく生まれるものではなく
市場にすでにあるんです。

作るものではなく
市場から見つけるもの。

これがアイディアなんです。

そして、市場の”ある部分”を見ることで
アイディアは簡単に
”見つける”ことができます。

でも
「どうやって見つけるのか?」

今日の動画では
セルスライティングにおいて
もっとも重要なビッグアイディアの
見つけ方についてお伝えしています。

コメントを残す


CAPTCHA