実際に外部案件を担当して思うこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From;ミヤグニ 最高気温19度の那覇市内より

私の住む沖縄では少しだけ寒くなってきたのですが、本土はもはや「外国??」という寒さのようですね。
そしてこの時期から気をつけたいのがインフルエンザです。早速予防接種を受けて、この冬を体調を崩さないように越冬したいところです。

体調管理の話も絡ませつつ、現在関わっている外部案件ついて話をしたいと思います。

 

 限界を超えたせいか、微熱が平熱になりました

インフルエンザの予防接種を受けるために病院へ。実はこの記事を書く2時間前に打ってきました。注射自体はなんてことなく、ものの1分で終わったのですが、一つ気になることが。。。

注射を打つ前に体温計を渡され、問診票に記入をするのですが、体温がやばい高かったんですよね。私ごとですが、基本的に低血圧、慢性貧血で体温も35度台が普通なんです。ところが今日は、まさかの36.9℃! え?微熱? ていうか熱? と思ったのですが、体は別にきつくもなく、医者に聞いたら、平熱ですね。の一言。
あ、そうなんだ。。。と私の平熱はかなり上がってしまったようです。ある意味、体温が上がって代謝もよくなる(はず)なので、無理したのがかえってよかったのかもしれません。年齢は気にしないことにしました(。-∀-)ノ

平熱が上がった原因は、時間の調整がうまくなかったから。ということだと思います。全然睡眠が足りませんでした。外部案件に関わるようになって、現場感での実践が今まで以上にリアルということ、これを自分の中で消化できていませんでした。実際にクライアントからお金をいただいている緊張感、何よりも優先して先に終わらせなければ!という焦りも。考えるばかりで、手が動いていませんでした。一つの案件で3ヶ月を費やしましたが、今回の初体験が多くの学びになりました。

 

 外部案件ってどんなことをしているか?

楠瀬&Co 社長で、我らがエースの宮川さん。私は運よく一つの案件でアシスタントをさせていただいています。今後は養成会でどんどん増えていくビッグプロジェクトの1つですね。
詳細なことまではお伝えできませんが、取り組んでいることを少し共有します。

【チーム編成】

  • まとめ役
  • 戦略立案
  • 動画・インタビュー
  • コンテンツ化
  • デザイン

これらの内容をチーム内で分担します。私は主に、コンテンツ化を担当。技術的なことはその分野が得意な方にお任せして、編集された動画をみて文字起こしからスタート。という感じです。

今回は、新しいメディアを作ることが一番大きなお仕事でした。DRMを意識した作りで、コピーにはふんだんにセールスライティングを盛り込んで、ヘッドラインをつけたり、構成を入れ替えたりと、最初は戸惑いながらのライティングでした。
宮川さんには根気強く、ご指導いただきました。同時にいくつものプロジェクトを遂行させているのに、いつも丁寧に対応してくれるので、頭が下がります。

 

やっぱりチャンスです。不足気味の女性ライター

今回、私を仲間に入れてくれたのは、まず「女性ライターだったから。」が大きいと思います。ということは、現在頑張ってる女性陣!チャンスですよ〜。女性のことは女性が担当した方がいいのは周知の事実です。しかも、全然足りてません。

これからどんどん増えるクライアントの中には、もちろん女性社長や経営者も増えることでしょう。エンドユーザーの気持ちを理解するライターがいるのは心強いものです。早くにそれに気づけば、少し前を行っている人の背中を借りて取り組むことができます。外部案件の限らず色々なものに挑戦した方が成長が早いです。

 

 

コンテンツライティングを得意分野にしたい

私が養成会に入会した時は、ちょうど2.0に変わった時でした。その時にオウンドメディアチームとスポットでしたが、コンテンツ化チームの所属していました。その時にコンテンツという概念を勉強させてもらいました。旧・キャリア支援会の時は、あくまで独立したりクライアント獲得についての学びだったので、とても新鮮でした。
このコミュニティに参加したのも、そもそも集客に悩んでいたことがきっかけでした。それから紆余曲折があり、集客には定番のチラシやDMで集客というイメージしかなかったものが、ウェブを使った集客という頭に切り替わりました。

そこでオウンドメディアという言葉を初めて聞き、コンテンツを作ることに興味が湧きました。ブログしか書いたことがなかったので、当初は違いが理解できませんでしたが、やっていくうちに理解できたというのが正しいかもしれないですね。

HPやメディアという大きい枠では、とても小さい一つのコンテンツに過ぎないのですが、この枠にDRMの要素を取り入れて書いていきます。サブヘッドも考えながら、全体に何を伝えたいかを言語化していく作業です。今回担当させていただいたところで、何度やり直したか覚えていません。今でも、直しが必要なら直したいくらいです。

ここで担当させてもらったことで、もっと早く、もっとうまく書きたいという欲求も出てきました。とてもいい感じです。嫌な気分だったり、自信をなくすかと思っていましたが、それより前向きに考えられている自分にびっくりするくらいです。

これからも外部案件に関われるかは、出来次第ということになるかもしれませんが、機会をもらえるようなら、もっとコンテンツライティングを経験して得意な分野にできるようにできたらと思います。

 

まとめ

今、所属できている楠瀬さんのコミュニティでは優秀な方がたくさんいます。努力されている方がどんどん成長しています。

正直いうと不安になることも度々あります。。。

学歴もない、人脈もない、お金もない。ないないの自分でもパートナーに引き上げてくれたことは今でも疑問ですが、せっかく経験させてもらっていることを全うしたいと思うばかりです。時々、考えすぎる、難しく捉えるクセが出て立ち止まる邪魔をしてしまいますが、この無茶苦茶レベルの高い方々と同じラインで同じ目標のことをやれるチャンスは、きっとここ以外ないと思います。
もうすぐ2017年も終わりますが、1年経って果たして自分が成長しているかもわかりません。成長曲線はいきなり上がる。という言葉を信じてただやるだけですよね。

今とても苦しいと思って人は私だけではないと思いますが、これを乗り越えて、来年の景色を眺められるようにこの記事で気持ちを奮い立たせることもおすすめですよ。