「私、失敗しないので、、、」

from 古川馨

 

「私、失敗しないので!」

大門未知子のセリフはかっこいいですが、
失敗もそんなに悪いものではありません。
いやいや、むしろ、失敗しまくった方が
いいんじゃないか?とさえ思うことすらあります。

発明王のエジソンだって、
1万回失敗したって言ってますよね。
失敗は成功の母なので、「失敗」が「成功」への
キーポイントであることは間違いないわけです。

実際、失敗が失敗で失敗の失敗を、また失敗、、、
と繰り返す人の方が遥かに
成長が早いなんてこともよくあります。

 

真逆のタイプの二人の男

これは僕が店長として勤めていた、
ある眼鏡屋でのことですが、、、

ある年の4月。僕の元に2人の
新入社員が配属されてきました。
同じ大学を卒業した同級生だという彼らは、
とても仲良く仕事に励んでいました。

ですが、この二人。
仕事に対する取り組み方がまるで正反対。
一人は何事も失敗しないようにと
慎重にことを進めるタイプ。

もう一方は、失敗は多いものの、
とにかく何でも積極的にやっていくタイプでした。

この二人の仕事に対する取り組みの違いが、
後々、彼らにとって大きな違いとなって現れてきました。

積極派の彼は、、、
何度もレンズやフレームをダメにしましたが、
失敗を繰り返すたびに工夫をすることで、
技術がメキメキと伸びていきました。

1年後には、こちらから口を出す必要が
ないくらいの技術を身につけていました。

慎重派の彼は、、、
自分にできそうもないものは、
「お願いします」と僕に任せてくるので、
失敗はほとんどありませんでしたが、
技術は入社時からあまり進歩が見られません。

1年経っても、それは変わらず、
後から入った新人と比較しても、
「上手い」とは言えない状態でした。

失敗を恐れず、突き進んだ彼は、
ぐんぐんスキルを身につけ。
一方、失敗を避け続けた彼は、
全く技術が身についていなかったのです。

その後、
積極派の彼は新店舗の店長に抜擢され、
今も活躍していますが、
慎重派の彼は十数年たった今でも
平社員として働いています。

 

なぜ、このような結果となってしまったのか?

慎重派の彼の能力が著しく低かった
というわけではありません。
むしろ、はたから見れば、
失敗の少ない彼の方が能力が高いと
見られていたかもしれません。

(事実、積極派の彼はめちゃめちゃ失敗が多かったので、
よく僕から注意を受けていましたから)

ですが、最終的にスキルを伸ばし、大きく成長したのは
失敗ばかり繰り返す積極派の彼でした。
失敗を恐れず行動したか、しなかったか。
たったそれだけの違いが、
この結果をもたらしたのだと思います。

 

失敗を積み上げる勇気

これはコピーでも同じですよね。
どんなにコピーの勉強をしていても、
それを世の中に出していかないと
成長は望めませんし、本当のスキルは身につきません。

練習で100本コピーを書いたとしても、
実践の1本には及びません。
お客さんに見てもらってなんぼ。
売ってみてなんぼ。

どんなにイケると思ったコピーでも
実際にリリースしてみたら、
大ハズレすることなんてザラですから。
そこから学ぶことの方が多いにあるわけです。

 

それに世の中には、
失敗から生み出されるものだって
たくさんありますよね。

例えば、
ノートや手帳に貼り付けるのに
便利なポストイットは、
失敗した接着剤がきっかけで誕生しました。

元々は強力な接着剤を作ろうとしたところ、
できたのが接着能力が弱々のもの。
使えないと思われていたところを、
のりの付いたしおりとしてリリース。
現在の大ヒットに繋がっています。

他にもインスタ映えなどの
写真共有アプリとして有名な
あのインスタグラムも、
元々は「位置情報アプリ」として
開発されたものでした。

でも、写真共有機能しか使われてないことから、
写真共有機能に振り切ったことで、
今のような成功を手にしています。

今では成功者の代名詞用のようなGAFAMだって、
失敗を繰り返しています。

例えば、Amazonは過去にファイヤーフォンという
スマホを発売しましたが、あなたは知っていますか?
ほとんどの人が知らないんじゃないでしょうか?
なぜなら、たった1年で撤退したからです。
誰も覚えていないレベルの大失敗です。

マイクロソフトもWindowsフォンを
市場に投入しましたが、Amazon同様、
こちらもあっという間に終了しています。

でも、次々と新しいサービスや商品を
世に送り出し成功者の道をまっしぐらですよね?

 

人間、失敗したくはないもの。

ですが、失敗から立ち上がることで、
さらに成長することができることもあるのです。

もし、あなたが今、失敗を恐れて
トライできていないものがあるのなら、
一歩踏み出してみることで、
新しい世界が開けるかもしれませんよ。

 

PS.
今日から特別感謝企画の一般募集がスタートします。
今回の企画はなんと、、、
うちの宮川があなたのLPを作ります。

「え?」って思いますよね?

LPを作ります、、、
ですよ?

「え?どういうこと?」
って話じゃないですか。

実際、僕たちも
「え?どういうことすか?」
と3回聞き返しました。

それくらい驚きの企画です。

とにかく、あっという間に募集打ち切りそうなんで
今すぐこちらの詳細を見てください
↓↓↓

https://saleswriter.co.jp/1on1-lp-pj-general/?argument=WvH2Yr4F&dmai=a61c02da3827cc

コメントを残す


CAPTCHA