2017/01/19

【セールスライター実践者インタビューNO.2】 里見和幸さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、楠瀬さんが開催している【キャリア支援会】に参加されている里見さんにインタビューをしました。

里見さんは、会社員をしながらセールスライターとして独立起業を目指していましたが、「コピーの価値をどうやってクライアントに伝えればいいのかわからない」といった悩みがあったそうです。そのため、提案をする機会はあっても仕事になかなか繋がらないことに不安を感じていたそうです。そこで、今できることを考え、クラウドソーシング系のサイトで、ブログ記事のライティングなどの仕事を受けながら、独立に向けて頑張られていたそうです。

ただ、1文字いくらのブログ記事の仕事をしていても先が見えず、「果たして自分に独立は向いているのだろうか?」そんな不安を感じられていたそうです。そんな里見さんが【キャリア支援会】に参加されたきっかけや、どんな心境の変化があったのかなど、お話を伺いました。

 

〜参加する前の悩み〜

−セールスライターとして活動していてどんな悩みがありましたか?−

1文字いくらのブログ記事の仕事をしていて
この先本当にやっていけるのか不安でした・・・

「私は今、愛知県で会社員をしながらセールスライターを目指しています。セールスライターあるあるだと思うのですが、世間一般の社長さんにコピーの価値がなかなか伝わらす、「コピーって何?」と社長さんに言われてしまい、うまく仕事につなげることができませんでした。ですので、ランサーズやクラウドワークスなどのサイトに登録し、ブログ記事の執筆などの仕事をしながら経験を積んでいました。

ただ、こうしたクラウドソーシング系の仕事は、良い悪いではないのですが、1文字1円とか、そうした下請けのような仕事なので、やはり漠然とした先の不安のようなものがありました。でも、これ以外の仕事の取り方がわからなかったというのが正直なところです。」(里見さん)

 

仕事は沢山ある、でも・・・

「クラウドソーシング系で仕事を発注している企業さんは、コピーをかける人を欲しているので、単価の高い低いは抜きにして仕事自体は沢山ありました。継続的にお仕事をいただけるところもいくつかあったのですが、やっぱり・・・ですよね。経験を積むという視点で見れば、困ることはありませんが、でも、これをやりたくてコピーを勉強しているわけではなかったので、ここから抜け出す方法を探していたような感じです。」(里見さん)

 

−【パートナー養成会】【キャリア支援会】に参加しようと思ったきっかけは何ですか?−

セールスライターのリアルな現実に
自分もドンピシャで当てはまっていました。

「楠瀬さんのことは、結構前から知っていたんです。もともとセールスライターを目指そうと思ったきっかけが、ダイレクト出版さんのコンテンツで、その頃から楠瀬さんの動画とかは結構チェックしていました。楠瀬さんは他の方と言っていることが違って、物凄くリアルなセールスライターの現実のお話をされていたんです。

現場に出るとどんな問題があるかとか、起業を目指すのならこんな障害が起きるよとか、仰っていることがまさに今の自分に当てはまっていました。楠瀬さん自身も現場から、まさにゼロからキャリアを積んできて今のステージにいかれていると思うので、そういった現場のことを知り尽くしている人にサポートしてもらえる、支援していただけるのなら、どう考えてもそっちの方が良いに決まっていますし、少なくとも間違った道に行くことはないだろうと。

であれば、そういった人の元で学ばせてもらったりだとか、実践の機会をいただけたりだとか、絶対に1人でやるより良いと確信が持てました。」(里見さん)

セールスライターのスタートアップ時に必要なことを埋めてくれる
サポートに魅力を感じました。

「楠瀬さんも仰っていましたが、セールスライターを目指そうと思った時って、最終的なゴール、好きな時に好きな人と働いて稼げるみたいな、そういったゴールは1つあっても、そこまでいくための情報とかが全然ないんですよね。楠瀬さんは、そこをすっぽり埋めてくれるというか、オブラートに包まない現実的な進み方を教えてくれる。そんな希望が持てました。」(里見さん)

 

〜参加後の変化〜

まだ参加して半月しか経っていませんが
今これをやればいいんだと、迷いがなくなりました。

「実を言うと、キャリア支援会に入った段階で迷いはなくなっていたんです。ずっと楠瀬さんのコンテンツには触れてきてたので、進むべき道が明確になったから参加をしたみたいな感じなんです。参加する前は本音をいうと、セールスライターになれたらいいな、みたいな感じだったんですね。きっと稼げるんだろうなとか、どこかふわっとしていたんです。今思えば、だから行動が中途半端だったのかなと思います。

それが、楠瀬さんのコンテンツに触れてきて、だんだん自分の中で色々と固まってきて、迷いがなくなって一気に行動を加速させたくて参加したんですね。」(里見さん)

稼ぐだけがセールスライターの目的ではない

「セールスライターを目指そうと思った当時は、稼げるというところにすごい魅力を感じていました。悪く言ってしまうと、楽して稼げるとか、人を操って稼ぐとか、今思い返してみると、意識していたわけではないですが、そっちによっていたなと思います。

でも、楠瀬さんはそういった部分をバッサリ切り捨てるというか、セールスライターってそうじゃないよって、お金を稼げるのは魅力の1つであって、もっと価値のある仕事なんだよって教えてくれたんですよね。

楠瀬さんのコンテンツが、ある日を境にいきなりマインドにシフトしたじゃないですか。それまでは、スキルとかテクニックとかにフォーカスしていたのが、急にマインドにフォーカスするようになって。でも、そういったマインドの話を聞いているうちに、「そうだよな」ってすごく納得したんです。

セールスライターはキャリアだって仰られていて、キャリアなんだから、急にドカンと稼げるようになるとか、そこに目を向けたらいけないよって。クライアントや社長にしっかりと寄り添っていかなければいけないよって仰られていて、そういったことを聞いて、自分も何段も飛ばしていきなり稼ごうとしていたなって、そりゃ無理だよなって、反省というか共感することができました。」(里見さん)

セールスライターは世の中にたくさんの価値を届かられる
素晴らしいキャリアだとわかりました。

「お金を稼ぐことを一番にしないで、クライアントや社長に貢献していくことで、結果お金も稼げるようになるし、お金なんかどうでもいいと思えるような素晴らしい世界が待っているってことがわかって、じゃあ、このキャリアを本気で目指そうと意思が固まりました。そして、そのために必要なものがキャリア支援会には全て揃っていました。

だから、参加する前からすでに自分の中で意識は変わってきていて、楠瀬さんの出されているマインドの部分に強烈に惹かれて、ここに参加して本気でキャリアを積んでいこうと思ったんです。

 

−楠瀬さんの言葉で1番心に刺さった言葉はなんですか?−

「結果はコントルールできない
だから、私たちにできることは
今この瞬間を全力で生きる」

「結局、結果はコントロールできない、みんな結果ばかりにフォーカスするけど、どう頑張っても結果はコントロールできないんだよ。だから私たちにできることは、今この瞬間を全力で生きる、今目の前の仕事を全力でやるしかない。って言葉を言われた時に、「あ、そうか。そうだよなって」多分みんなそうだと思うんですけど、セールスライターとして、クライアントをとって、でも成果を出せなかったらどうしようとか、断られたらどうしようとか、いろいろなネガティブな結果に対して躊躇してしまうというか、それが怖くて行動に起こせない人って多いと思うんですよね。

自分もそんな1人で、でもこの言葉を聞いた時に、凄い心が軽くなったというか、別にそこはいいんだって思えて。そうじゃなくて、目の前のことに全力を尽くせばいいんだよって思ったら、いろんなことが明確になって、だから、この人の元で学びたいなって思いました。

セールスライターを目指している方って、おそらくほとんどが、コピーで何%の反応があったとか、売上がいくら上がったとか、そういった所から入ると思うので、やっぱりどうしてもそっちに意識が向きがちになってしまうと思うんですね。でもそれだと中々うまくいかないのが現実じゃないですか。そこの間違ったマインドをグイッと引き戻してくれる。1つパラダイムが起きた瞬間でした。」(里見さん)

 

−もし楠瀬さんのマインドセットに出会ってなかったら?−

稼げる系の商材を買い漁っていたと思います

「おそらく、稼ぐことにフォーカスし続けて、いわゆる稼げる系の商材を買ってみたりとか、そっちに走っていたかもしれないですね。だから、自分が結局どうしたいだとか、そういったことが見えなくて、いつまでたっても結果ばかり追い求めていたと思います。稼げる結果を求めていたと思います。だから変わらないですよね。何年たっても。」

 

〜今後どういったキャリアを歩んでいきたいですか?〜

セールスライターのキャリアは独立起業だけではない
自分に本当にあったキャリアを見つけていきたいと思っています。

「私もそうでしたが、多分、セールスライターを目指す方って、独立起業するって所から入ると思うんですね。ただ、楠瀬さんも仰ってるとおり、独立起業に向いている人もいれば向いていない人もいるじゃないですか。でも、独立起業だけがキャリアの全てじゃないって楠瀬さん仰られていて、それが分かった時に、じゃあ独立起業がダメでもキャリアとして長く積んでいけるんだって思いました。

正直、自分が独立に向いているどうかは、もう少しやってみないと分からない所ではあるんですけど、キャリアを正しく積んでいけば一生やっていける仕事だって安心感はあります。

その中で、クライアントさんとの関わり方だったり、スキルだったり高めていきながら、自分にあったキャリアを見つけて、社会に価値の提供出来るセールスライターになっていければいいなと思っています。

やっぱり、向き不向きってどうしてもあると思うんです。営業が苦手な人が無理して営業を続けるのって中々難しいじゃないですか。だから、それぞれが力を発揮出来る所で、協力し合えるようなキャリアの築き方を見んができればいいなと思っています。」(里見さん)

これから第一歩を踏み出す方は
絶対参加した方がいいです!

「勉強だけしかしていない方や、第1歩が中々踏み出せない方は、絶対参加した方がいいと思います。サポートが手厚いので、自分の自信にも繋がると思いますし、仲間もたくさんいるので、すでに実績を出している人から、アドバイスもらったりできるので、モチベーションもそうですし、自信にもなると思います。」(里見さん)

 

>>>里見さんも参加しているセールスライターキャリア支援会はこちら<<<

コメントを残す