最もヘタクソなコピー、でも最高の…

僕が初めて
クライアントのコピーを書いた時の話…

今から
7年前のことです。

僕は当初
セールスライターとして起業したわけではなく
自分で事業を立ち上げました。

で、その事業が
速攻で死にそうになったので
セールスライティングを学び始めたんです。

なので、最初は
セールスライティングを
自分の事業のために使っていたんですが、
ある時を境に

「これを仕事にしたほうが面白そうだし、稼げそうだな」

ということで
セールスライターに
キャリアチェンジしました。

当時は、自分の事業を
セールスライティングを使って
年商を1年で5倍まで伸ばすことができたので

「てか、集客なんて簡単じゃん!」

そんな愚かな勘違いをしちゃっていたんです…
(今思えば、あの時の自分をぶん殴ってやりたいですけどね^^;)

人生初案件!大失敗のFAX DM

で、意気揚々と
その時やっていた事業の取引先に
「広告作りますよ?」
と話を持ちかけたんです。

まぁ、これが
最悪の結果を招くわけですが…

その時やった案件は
使い放題のプリントサービスを売る案件。

当時の僕は
チラシとDMといった
オフラインの広告しか作れなかったので
クライアントにFAXDMを提案したんです。

取引先で関係があったってのと
BtoBってこともあって
クライントも「じゃあ、一度試してみようか」と。
あっけないくらいすんなりOK。

こんな感じで
僕の人生初案件は
すぐに決まったわけです。

で、FAXDMを作っていざ
クライアントの確認も取り
送信の日時がやってきました。

その時僕は
電車に乗っていたんですが
FAXDMの返信はスマホで
確認できるようにしていました。

なので、結構ドキドキしながら
メールを数秒おきに読み込んで
まだかまだかと返信をまっていたんです。

で、送信してから
数分後くらいに
最初の返信がありました。

「お!早速売れたじゃん」

僕はそう思い
意気揚々とそのメールを開いたんです。

「オレ、すごくね?」
なんて自画自賛しながらね。

でも、現実は厳しかった。。。

原稿にマジックで大きく
×印を付けられたものが送り返されてきたんです。

最初、意味がわからなかったんですけど
すぐにその意味がわかりました。

つまり、これは
売れたわけじゃなくて
邪魔だから送るな!ってこと。

「マジか。。。」

この時、嫌な予感がしたんですが
まぁまぁ、FAXDMだしこういうのもあるよね、と
気持ちを切り替え次の返信を持つことに。

でも、その嫌な予感は見事に的中

その次の返信も拒否。

その次も、その次も、その次も、、、

拒否、拒否、拒否、拒否、拒否、

結果的には
1万通送って合計50件くらいの
「送るんじゃねぇ!」の拒否をもらっただけで
結局、1件も売れなかったんです。。。

「反応ゼロ」

この事実を受け入れるのは
本当に精神的にしんどかったです。

もうですね
取引先には平謝りするしかなく
ただただ悔しい思いと
敗北感しかありませんでした。

最初からうまくいくことなんて決してない

これが僕の
セールスライターとして
クライアント案件の苦いデビュー当時の思い出です。

で、今日なんでこの話を
シェアしたかと言うと…

何でもそうですが
最初からうまくいくことなんて決してないってことを
あなたに伝えたかったからです。

というのも
今、動画ビジネスで起業するノウハウを学べる講座
案内をしているんですが

「動画初心者ですが自分でもできるようになりますか?」

みたいな問い合わせを
すごくたくさん頂くんですね。

もちろん、
そのための講座ではあるんですが、

結局の所、最初から失敗せず
何から何までトントン拍子で
うまくいくことなんてありません。

僕の今日の話は
コピーの話でしたが
この苦い失敗の後だって
何度も失敗を繰り返しています。

でも、そこで諦めずに
コツコツ地道に頑張り続けたからこそ
うまくいく確率を上げることが
少しずつでしたができるようになっただけなんです。

きっと、
あなたが書いた初めてのコピー
あなたが作った初めてのアニメ
あなたが編集した初めての動画
あなたが考えた初めてのマーケティング施策
あなたが考えた初めてのビジネスモデル

そのどれをとっても
おそらく、あなたのキャリアで
もっともヘタクソな最低の出来だと思います。

もちろん、成約率だって低いでしょうし
もしかしたら、僕の最初のコピーのように
反応がゼロかもしれません。

でも、どんなにヘタクソでも
あなたがそれをやり続けるなら…

次からは必ずそれよりも上手に
作ることができるはずです。

多くの人はチャンスがあっても
「自分にもできるかな?」
と足踏みして行動に起こしません。

だからこそ、
どんなにヘタクソでも
例え反応ゼロだったしても
初めてあなたが書いたコピーや
作った動画、考えた施策は

あなたにとって
最も重要なものになるはずです。

だって、ほとんどの人は
「初めての〇〇」すらしないんですから。

なので、もしあなたが
動画に可能性を感じていて
「初めての動画」を乗り越えようと
心に決めているなら…

ご案内している講座
是非参加してください。

起業できる保証はできませんが
少なくとも、あなたが本気でやると決めているなら
あなたにとって最も重要な決断になるはずです。

で、今日の動画では
この講座で教えるノウハウを
少しだけ紹介したいと思っています。

なぜ、僕らが動画成果を出せるのか?

その秘密を少しだけ公開していますので
ぜひ、チェックしてみてください。

勘のいい人なら
これだけで相当価値があると思いますよ。

コメントを残す


CAPTCHA