だからオファーなんだよ、、、

Form 古川馨

いやいやいや。
このチラシじゃ、誰も来んでしょ…

先日、ちょっと残念なチラシが
ポストに入っていました。

 

どうも近所に新しく
オープンした居酒屋のようです。
このご時世に飲食店をオープンとは、、、
勇気のある決断だなと。

 

それはさておき、チラシ。

仕事柄、やはりチラシや広告は
気になります。

 

ポストにチラシがあれば
当然「何かヒントになるものはないか」と
じっくり見ます。

 

さて、どんなチラシかというと、、、

 

紙質は写真を綺麗に見せるためでしょう。
ツヤツヤしています。

 

厚みもそれなりにあるので
良い紙を使っているな〜
という印象です。

 

チラシの表面には
デカデカと店名が。

 

そして、
刺身の盛り合わせ、海鮮丼、
ザンギ、串焼きなどなど。
定番の居酒屋メニューの写真が
並んでいます。

 

裏面を見てみると
コース料理でしょうか。
卓上に7、8品の料理が
並べられています。

 

そして、下の方には
店舗の地図や連絡先を記載。
全体的にキレイに
まとまったチラシの印象です。

 

「おや?」

ここで、ちょっと
違和感がありました。

 

いやいやいや。
ちょっと待て、、、と。

なぜ、アレがないんだ、、、と。

 

このチラシじゃ、
誰も来ないだろ、、、と。

誰も来ないチラシだと思ったのか?その理由

なぜ、そう思ったのか?

 

それはまず値段が
一切書かれてなかったから。

 

そう、このチラシには
メニューも値段も一切なし。
コース料金だって書かれてません。

 

あるのは料理の写真のみ

 

果たして高いのか、安いのか、、、?
気軽に行けるところなのか、
それとも良いお値段しちゃうのか、、、?
全くわかりません。

 

いや、もしかしたら、
食通な人なら料理の写真を見るだけで
「ほほう、これは美味そうだ(ゴクリ)」
となるのかもしれません。

 

そういった、
玄人向けのお店なのかも。

 

とはいえ、こちとら庶民。
食通でも何でもありません。

 

行ってみて高くても嫌だし
わざわざ調べるのも億劫。

 

なので、
コレだけでは「行きたい」と言う
感情が湧きません。

 

さらに、
飲食店ではお馴染みの
割引やクーポンなど、
オファーも一切ない。

 

値段もわからなければ
オファーもない。
ないないづくしです。

 

あるのは、、、
店名
場所
連絡先
料理の写真
のみ

 

驚くほどシンプル。
料理の写真のみで
勝負に出たようです。

 

一体、どれくらい撒いたのか、、、。

 

ぶっちゃけ
「反応取るのは難しいだろうな」
と思う残念なチラシなのでした。

 

このチラシも何らかのオファーがあれば
また見え方も全然違うものになったんでしょう。

だからオファーなんだよバカ…

例えば、

このチラシをご持参の方限定で
全品5%OFF!!!
ドリンク1杯サービス!
当店自慢の○○○を1品サービス!
などなど。

 

ちょっとしたオファーが
あるだけでも印象が変わります。

 

ですが、
残念ながら何もなかった。
だからイメージ広告のように見えます。
少なくとも集客のためのチラシには見えません。

 

その証拠に僕はこのチラシを見ても
「行ってみたい」という気持ちには
残念ながらなりませんでした。

 

そして、
改めて「オファー」って大事
ってことを痛感させてくれる
チラシでもありました。

コメントを残す


CAPTCHA