潜入!セールスライター育成授業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「え?これってセールスライターの育成じゃん」
と、びっくりすることがありました。

それは先日、長女(3年生)の授業参観に行ってきた時のこと。

最前列からキョロキョロと後ろを振り向いてはニッカリと笑う娘に、「ま、前を向きなさい」と思いながら、最後列の端っこで授業を聞いていたら、途中であることに気づき「ハッ」としました。

それはなぜか。

それは、なんとその授業の内容が、セールスライティングそのものだったからです。

一体、私の娘はどんな授業を受けていたのか、、、

今回のザ・セールスライターでは、その時の模様をお届けしたいと思います。

授業の概要

授業参観は国語の授業で、


キツツキが自分の特徴を生かしてお店を開く。


他の動物たちが大好きな音を出して喜ばせ、楽しませる


そのかわりにお代を頂きます。


という流れの「キツツキの商売」という物語を音読したあと、その物語を元にワークをするというものでした。

驚きのワークの内容

このワークの内容が今回のキモ。
前日は夜が遅かったので半分ぼーっとしていたのですが、一気に目が覚めました。

その内容がこちらです。

自由に動物や、虫の名前を思いつく限り出す。

その中から一人一つ選ぶ

その動物、虫の特徴を見つける

特徴を生かしたサービスを考える

  • 誰に
  • その特徴を生かして
  • 何をしてあげたら喜ぶか

お店の名前を考える
お代を決める。

発表用ワークシートに書き込む

※こちらの黒板と同じ内容でした。※

ワークシートの内容とその理由を発表する。

これを先生が子どもたちに説明している時に「ハッ」したわけです。

だって、これってセールスライターに必要なプロセスそのものですよね?

===

商品の特徴を見つける

特徴を生かしたサービスを考える
・誰に
・その特徴を生かして
・何をしてあげたら喜ぶか(どうなるのか?)
・それは何故か

ヘッドラインを考える

セールスレターにする

===

うん。一致しています。

 

テンション最高潮!!

ここから、教室の一番後ろに立って眺めていた私のテンションは次第に上がりまくって行きます。

「この動物は何が好きかなあ?」

「何をしてあげたら喜ぶかなあ?」

そんな風に子どもたちがガヤガヤと話しているのを聞いて、うわー!これベネフィットじゃん!!!

発表が待ち遠しい!

と興奮せざるにはいられませんでした。

この辺りからもはや娘の授業参観から意識は離脱していました。娘よ、すまん。

遂に発表!

クラスのみんながワークシートを書き終え、遂に発表の時がやってきました。

娘の発表よりも、「一体どんな動物が、どんな特徴を生かしたお店を誰の為に開くのか!?」そこに完全にフォーカスしきっていました。

子どもたちの発表内容こんな感じ。


リスのマッサージ屋
ふわふわのしっぽ(特徴)で
肩と背中をやさしくマッサージ
お題はどんぐりでお願いします。

【このお店にした理由】
「お父さんがマッサージで痛いって言ってたから、リスさんのふわふわのしっぽで疲れた動物さんの肩と背中をやさしくマッサージしたら喜んでくれると思いました。」

【私の心の声】
お父さん想いで、な、泣ける。ちゃんと市場の声に基づいて考えてるなあ。


きつねの風呂屋
ふわふわのしっぽで体を綺麗に
お代はバケツいっぱいの草

【このお店にした理由】
おっきいしっぽで綺麗にしてあげれば喜んでくれると思いました。

【私の心の声】
また、しっぽかい!(笑)
さっきの子みたいに、誰の、何を、何故、に注目したらもっと刺さる内容にできそうだなあ。


タランチュラの糸屋
綺麗な糸をたくさん出してあげます。
お代は、食べれる虫です。

【このお店にした理由】
綺麗な糸を出してあげればみんな喜ぶから。

【私の心の声】
うーん。ふわっときたねー。
一からリライトしてみよう!


みたいな感じでどんどん子どもたちが発表していました。
セールスライターとしてなんて学び多い授業なんだ。

これはまるで、

「セールスライター育成授業」
そう思わずにはいられませんでした。

ここが大事

今回の授業で子どもたちが取り組んでいたワーク
誰が、誰に、何を、何の為に、その結果どうなるのか。
何を得るのか。そして背景、目的、手段に向きあう過程。

どこをとっても

セールスライティングだけでなく、これからの次世代を築いていく子どもたちの成長にとって素晴らしい授業でした。

PS
この授業を超絶ストイックにしたかのような、セールスライティングの基礎の基礎の基礎!!であるベネフィットライティングを、強制的にスキルアップさせる合宿の模様はこちら

PPS
え?うちの娘の発表内容は?

もじもじしていて発表してくれずでした。
そういえば何と書いていたのだろう、、、笑

コメント

  1. 丸山 より:

    記事の内容がとても良かったのでコメントさせて下さい。
    動物のサービスと言う内容自体のアイデアがまず面白いと感じました。
    そして子供たちの頭の柔らかさにもびっくりしました。
    最近は記事の内容が難しかったので今回は簡単に読めて個人的には楽しかったです。

コメントを残す