【コンサル】単価を一言で30万倍にした方法

From:宮川徳生

「まさか、そんな方法があったなんて。。。」

僕がまだ
キャリアの駆け出しの頃
無報酬や低単価案件で実績をまだ作っていた頃
師匠から聞いたノウハウがまさに

”目からうろこ”だった。

コンサルやライターとしてビジネスをスタートすると
誰もが最初は稼げないという問題に直面する。

そりゃそうで
スタートしたばかりのことは
知識も乏しいのでクライアントにビシッと
提案することも難しい。

スキルもペーペーなので
クライアントの成果をバシッと出すことだって
容易ではない。

実績もないので
高い単価で仕事を受けることも
とても難しかったりする。

そんな中
知識・スキル・実績・経験や
何よりもその仕事をしながらしか身につかない
プロとしての風格を身に着けていく過程で
徐々にそれらの問題が問題でなくなっていくわけだ。

ただ、そこに至るまでの間であっても
当然のことながら食っていかなくちゃいけない。

仕事をなかなかとれなかったとしても
単価が安かったりしても
クライアントの成果があまりでなかったとしても

食ってくために
稼がなくてはいけないのだ。

僕も今でこそこんなだが
キャリアの初期は誰もが通る
これらの道を通ってきた。

100人と話して
やっと1件仕事が取れるか取れないか。

時給換算したら
コンビニでレジ売っていたほうが遥かに儲かるような単価。

努力してもしても
ショボい成果しかでない現実。

あなたと同じように
僕もこんな時代があったのだ。

ただ、冒頭でお伝えしたある方法を実践したところ
あるクライアントの契約単価が

無報酬から月額30万円

に、一気に跳ね上がった。

そのクライアントとの出会いは
僕がまだほとんど仕事がとれなかった時期まで遡る。

営業をどれだけしても
実績の何もない自分の話をまともに聞いてくれる人は
ほとんどいなかった。

テレアポ100件したら
1人アポが取れればいい方。

その1人ですら
仕事に繋がるかというとそうではない。

単なる暇つぶしのために
アポに応じる人もいたり
実績が大したことないことを知って
小馬鹿にされることだってあった。

そうした中
アポがとれ、そして真剣に自分の話を聞いてくれたのが
そのクライアントだった。

なので、実績をとっとと作ろうと躍起になってた僕は
そのクライアントに正直に実績がほぼないことを伝え
タダでいいから実績を作らせてほしいと頼み
その姿勢を買ってくれ実績を作れるチャンスをくれたのだ。

そこから、そのクライアント業界のことを対して知らなかったので
様々な情報を集めなんとか成果をだし実績を作ろうと躍起になった。

あるときは、クライアントが忙しく
イベントの対応ができないため
僕がイベントの対応まですることもあった。

そして、ある広告が大ヒットし
これまでは一年かけて売っていた売上は
わずか一ヶ月で売り上げてしまう出来事が起きた。

そして、それはまぐれ当たりではなく
その後も毎月のように続いた。

そこまでにかかった時間は半年間。

その間、1円ももらうことなく
チャンスをくれたクライアントへの恩や
実績を早く作るために真剣に取り組んだ。

ただ、そのクライアントに
全力でコミットしているつもりだったが
僕も生きていかないかいけない。

現実的には
食うためにお金を稼ぐための案件も
必死で獲得しこなしていた。

ただ、チャンスをくれたクライアントが
もっとも成果がでてるクライアントであり
何よりもチャンスを快くくれた恩人でもある。

僕の気持ちは
そのクライアントから報酬をしっかりもらい
そして、そのクライアント案件にもっと時間を使い
もっと結果をだしたいと思っていたわけだが

現実がそれを許さなかった。

そんな時
冒頭でおつたえした方法を
師匠から教えてもらったのだ。

この方法は
ある短いキラーフレーズによって
単価をあげるある種のノウハウでもあり
テンプレートでもありツールのようなものである。

僕は教えてもらったフレーズを
教えてもらった使い方に忠実に
クライアントに伝えた。

その結果
無報酬でやっていたのが

「もっと早くいってくれればよかったのに
 出してくれてる成果とかやってくれてることとか考えたら
 全然30万円くらいは払うよ」

と、向こうから
30万円という額を提示してくれたのである。

僕はいくら欲しいとか
成果がこれだけでてるから
これくらいの報酬がほしいとか
そんなことは一言も言ってない。

もっと違うことを伝えたのだ。

はじめは信じられなかった。

なんでこんな言葉だけで
実績作りたくてチャンスをもらっていた
僕のような丁稚奉公している人間に
月30万も払うよと言ってくれたのか。

その時は理由がわからなかった。

もちろん、今はその理由はわかるのだが
僕はこの単価をあげるキラーフレーズというある種のツールを使うことで
契約単価をゼロから30万円という30万倍に
することができたのだ。

さて、肝心の僕が
師匠から教えてもらったキラーフレーズとは何か?

今すぐ答えを言うのはやめて
あなたにもぜひ考えてほしいなと思う。

一体、どんな言葉が
クライアントの心を動かしたのだろうか?

答えは次のメルマガで
こっそりあなたに教えようと思う。

僕の次のメルマガは
7月20日(木)だからね。

答えが知りたい方は
見逃さないように。

では、またメールします。