在宅から世界へ〜田舎セールスライターの挑戦

セールスライター

こんにちは
富山県富山市在住のセールスライター深井です。

セールスライターとして、
先日インドネシアのバリ島に行ってきました。

昨年はロシア。
今年も石川、岐阜、東京等々。

毎月あちこちに飛びまわってセールスライターの仕事をさせて頂いています。

たまたまご縁を頂き、僕は直接取材に出ることが多いです。

でも、セールスライターの仕事って在宅から世界に挑戦できるすごい仕事だなと今回改めて思いました。

なので今回はそんなお話を少し致します。

インドネシア初上陸

セールスライター

山奥の現地に向かう車中より

僕の人生初のインドネシア上陸は、セールスライターとして。

動き回っているのが大好きな自分にとってはこの上ないお仕事を頂きました。

1年半前には想像もしてませんでした。

当時は本業の傍ら、帰宅後の時間で活動していたんです。

だからその時は、今の様に、動き回るのが得意な自分を活かして仕事ができるとは思ってもいませんでした。

取材〜撮影を経て

セールスライター

現地取材、撮影の様子

現地では、セールスライターの力の発揮どころ。
リサーチ(取材)を入念にし、ストーリーボードを作成。
インタビューや対談の撮影を行いました。

帰国後に、プロモーションのための動画編集やライティング、コンテンツ作成を経て公開されていくわけです。

今回そんな外での仕事を終え、ホテルに戻りデータの整理をしている時に気づいたことがあります。

それは、大きく分けた2つ。

  • ①在宅で日々培っているスキルが全て
  • ②一人で挑戦してない

①在宅で日々培っているスキルが全て

取材の内容や、撮影の構成。
それを考える時全てにセールスライティングが活躍しています。

これは、昨年東京でうちの動画マスター森さんと撮影の打ち合わせをしていた時も、

セールスライティングを知らなければ絶対出てこなかった撮影アイディアに「やっぱり撮影にもセールスライティングだね。」と二人で納得していました。

撮影することが僕たちの目的じゃなくて、おしゃれで雰囲気のある動画でもなくて、ユーザーや社会にアクションを起こすための撮影。

それを、日々在宅で培っているスキルが支えてくれています。

日々の在宅の仕事がなければ、わけのわからないものを取材、撮影していることと思います。

②一人で挑戦してない

 

今回僕がインドネシアに行ったのも、あちこち行っているのもどれにも共通すること。

それは、日本、世界といった社会への挑戦。

でも、これ、僕がすごいわけでもなんでもないんです。
なぜかというと、たまたま僕が担当の縁をもらい、たまたまこうやって発信しているだけだからです。

例えば、

取材をし、コンテンツを作っても、それを見てもらえなければ何にもなりません。

  • アクセスを集めるための導線作り
  • サイト構築の技術的なこと
  • ウェブ広告
  • 広報/PR
  • デザイン

全部在宅で共に頑張っているチームメンバーとの連携があって初めて挑戦が成り立っています。

つまり、関わる仲間みんなで世界に挑戦しているということ。

在宅が世界を変える!?

日本中、世界中にネット回線が届いて、Wi-Fiが使える様になりました。
Wi-Fiさえあれば、どこに住んでいようとなんの関係もない時代が本当に来ています。

 

会社に出勤するんじゃなくて、それぞれがそれぞれの生活を大事して生きる。

在宅からセールスライティングを通して、社会を進化させること。

そんなワクワクすることが本当にできると確信しています。
思いっきし在宅から一緒に挑戦しましょう!

PS

僕がセールスライティングを学び始めた時には、毎月一度の講座に行くか、それが配信されるのを待ってみることしか学ぶ機会がありませんでした。

なので、隙間時間を活用することで、僕なんかよりもっとスキルアップを加速できるんじゃないかと思います。

隙間時間活用にもってこいのサービスはこちら