2018/01/01

年末年始に決めておきたい!「自分に合ったセールスライターの働き方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます!The Sales Writerまとめ記事編集部です。

あなたはもしかしたら、2018年、「絶対にセールスライターになりたい」と思っているかもしれませんね。

でも、ちょっと待って!

まずはゴールを定めないと、行動のしようがありません。絶対になりたい、失敗したくないと思うのなら、「自分にはどういう働き方が合っているのか」をちゃんと決めてからがんばりませんか?

そこで、2018年第1号記事では「セールスライターの一日まとめ」をお送りします。色んなタイプのセールスライターがいますので、「この人みたいに働きたい!」というワークスタイルを見つけてくださいね。

インターネット広告もセールスライターの大切な仕事

まずはインターネット広告を中心にやっていたライター、日向真奈美さんの一日です。インターネット広告業界はこれからも伸びていくし、トレンドの移り変わりが激しい世界です。そんな中どうやって日向さんが情報をキャッチし、仕事に活かしているかをチェックしてください。

インターネット広告ライター・日向真奈美さんの一日

ネット広告ライターは在宅でも働けます

同じく広告ライター、黒岩さん。ポイントは「在宅」というところです。「ストレスから解放された」という黒岩さんの仕事ぶりを見てみてください。

在宅系ネット広告ライターの1日

フリーランスってどういう働き方??

フリーランスで働いている山科さん。クライアント獲得方法もポイントを絞って公開されています!

フリーランスライター・新規クライアント獲得活動の一日を実況中継!

独立起業をしてバリバリ稼ごう

独立系セールスライターのポイントは「外出して打ち合わせ」。それに時間をとられてしまいますので、残った時間をどうやりくりしてライティングしているかがポイントです。

独立起業系セールスライターの1日

キャリアの王道「就職」。セールスライターだとこんな感じ

就職と一口に言っても色々ありますが、ガッチリ雇われてウェブマーケティングを回す仕事だとこんな感じだそうです。

楠瀬さんに雇われるとこうなる?「就職系セールスライターの1日」をご紹介します

副業でもしっかり働けるのがセールスライターの魅力

最後は「副業」としてのセールスライター。月額12万円もあれば、副業としてかなり優秀ですよね。

本業以外に月額129,600円のライティング副収入!副業セールスコピーライターの生活

まとめ

ご覧のように、セールスライターとしての働き方は色々あります。

  • 独立起業
  • フリーランス
  • 就職
  • 副業

そして仕事内容も集客をメインにやったり、インターネット広告運用に特化するなど、さまざまです。

「何をするか」は「どうやるか」よりも重要。2018年、セールスライターとしてスタートダッシュを決めるためにも、どういうセールスライターを目指すのか考えてみてくださいね。

コメントを残す