セールスライターが忘れてはいけないマインドとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安海外旅行会社「てるみくらぶ」が
2017年3月末で倒産したことは、

ご存知のことと思います。
負債総額151億円はリーマンショック以降に

倒産した旅行業者としては最大
負債額のうち約100億円は、

36,000人にのぼる旅行申込者のものだそうです。
旅行先でホテルに泊まれない、

旅券が発行できない

などのトラブルも取りざたされましたね。

連鎖倒産も話題となっています。
「てるみくらぶ」の広告を請け負っていた

代理店「デナリ・エージェンシー」も

3月30日付けで事業停止、破産申請となりました。

今回の一件は被害を被った方が非常に多く、

被害額も膨大なため注目を集めています。
また広告代理店が連鎖倒産したということで、

セールスライターとして
他人事に感じられない方もみえるでしょう。

なぜ報酬の未払いが発生したままで

仕事を受け続けたのか?など、

さまざまに疑問をお持ちの方も多いかもしれません。

ですがセールスライターとして、

今回の事件に注目するべき部分は

別にあるのではないでしょうか。

忘れられているもの、

そして忘れてはいけないもの

それは『マインド』です。
お客さんのことを中心に考えるマインドが、

この件からは完全に抜け落ちています。

実際の価値より低く伝えたら、

商品はお客さんに買ってもらえません。
かといって、

実際の価値より高く伝えたら

誇大広告になってしまいます。

いい商品の価値を正しく伝えられなければ、

お客さんは商品を見逃して損をしてしまいます。

誇大広告をしてしまうと、

本当に困っている人に対して、

問題が解決できない商品を

売りつけることになります。

それほどに、

価値を正しく伝えることは
大切な意味があるのです。

価値を正しく伝えることは、
お客さんのことを中心に
考えていないとできません。

マインド、大丈夫ですか

セールスライターは、お客さんに

商品の価値を正しく伝えることが仕事です。

価値を正しく伝えることで、
お客さんに喜んでもらって、
幸せにしてあげる
ことができる。

そんな仕事です。

「お客さんのことを中心に考えて全力で貢献する。」
このマインドセットさえ間違わなければ、

セールスライターとして最大限の価値提供をできます。

「お客さんに喜んでもらうこと。幸せになってもらうこと。」

いつも考えていますか?

セールスライターという仕事は、
お客さんに
喜びと幸せを提供できる、素敵な仕事ですよ。

「てるみくらぶ」連鎖 広告制作のデナリ・エージェンシー倒産
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1704/03/news064.html

コメントを残す