聡明な無知が生んだ奇跡の物語

聡明な無知が生んだ奇跡の物語

自動車王として
一時代を築いたヘンリー・フォード。

自動車の将来性にいち早く目をつけ
大量生産に挑み、T型フォードとA型フォードで成功し
大変な財産を築き上げた偉大な経営者の1人です。

そんなヘンリーフォードの
逸話としてこんな有名な話があります。

無知な1人の男の無茶振り

ある日彼は
8気筒エンジンを作ろうと
思い立ちました。

ですが、彼は
エンジニアではありません。

そこで彼は、優秀なエンジニアをすぐに集め
8気筒エンジンを形にするように指示しました。

ところが、当時の技術では
8気筒エンジンなんて絵に描いた餅。

エンジニアたちにしてみれば
何も知らない無知な経営者が勝手にほざいている
絵空事にしか思えなかったのです。

そんなエンジニアに対して彼は
こう言いました。

「困難だということはわかる。だからこそ、君たちに作ってもらいたいんだ。今すぐとりかかってくれたまえ」

でも、エンジニアたちは
本気で実現しようとはせず
数ヵ月後にこんな報告をしたのです。

「やはりご説明したとおりとても不可能です」

そんなエンジニアに対して彼は

「君たちに何もわかっていない。私たちには8気筒エンジンが必要なのだ。 さあ、すぐに取り掛かりなさい」

エンジニアたちは、今度は
体裁を整えるために、少しだけやった風にして
彼にこう報告しました。

「やはり無理です」

すると、彼はカンカンに怒り
こうエンジニアに言い放ったのです。

「これが最後のチャンスだ。君たちが作ろうとしているのは8気筒エンジンなんだ。なぜできないかを考える前にどうやればできるかを考えたまえ」

そして完成したのが
フォードが誇る8気筒エンジンだったのです。

これは、エンジンのことなど
何も知らないヘンリーフォードという
無知な1人の男の無茶振りが生んだ
8気筒エンジンの誕生秘話
です。

できるセールスライターが犯しがちな過ち

さて…

この話から
僕たちセールスライターは何を学べるか?

情熱が無理を可能にしたこと。

諦めずに挑戦を続けることの大切さ。

トップが部下に示すリーダーシップの重要性。

色々なことが学べると思います。
でも、ちょっと考えて欲しいんです。

ヘンリーフォードの視点ではなく
エンジニアの視点
この話をもう一度読んでみてください。

そして、

エンジニア=あなた
ヘンリーフォード=クライアント

こう当てはめた時
僕たちセールスライターは
とんでもない過ちを普段
してしまっていること
に気がつくでしょう。

その過ちとは…

コメントを残す


CAPTCHA