2017/06/14

なんで、私が「中谷会」に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご覧のように、今回の記事には画像をつけました。いわずもがな、中央に座って緊張しているのは私、桜井です。

それでは、その他の方々の名前をあなたは言えますか?

いずれも、日本のマーケティング界隈ではとても有名な方々。いわゆるトップマーケター、トップセールスライターである人たちです。

なぜこんな人たちが集まっていたのか?
なんでこんな写真を撮ることになったのか?

その疑問にお答えすると…

トップマーケターの方々をご紹介

それではまず、これらトップマーケターの方々をご紹介いたします。左から順番に…

1.長部繁幸氏

株式会社アンビション(ワールドラバーマーケット運営)代表取締役

Youtubeを使ったマーケティングの第一人者。チャンネル登録者数はなんと7万人!数値に裏打ちされた動画マーケティングの施策はいつも参考にさせていただいています。

2.藤 勝行氏

株式会社エックスラボ代表取締役

ダイレクトレスポンス専門の広告代理店をやっていらっしゃいます。取引先にはかなりの大手企業も。うわさによると、1人で数億もの広告費を回しているとか…

3.楠瀬健之氏

うちの師匠。ダイレクト出版が展開するダン・ケネディ関連商品にて、日本へのローカライズを担当(レスポンスゴールド、スパイ・ダン・ケネディなど)。セールスライター指導の第一人者であり、門下生は延べ500名。

4.島田晋輔氏

セールスライティング、マーケティング、そして各プロモーションに至るまで、様々な活躍をされています。ダイレクト出版に呼ばれて動画に出演されることもあります。全国を縦横無尽に飛び回って仕事をしています。ご本人はあまり特定の肩書きを持っているという実感はないそうですが、セールスライターやマーケターが仕事を突き詰めたら、たぶん島田さんみたいな動きになると思います。

5.中谷佳正氏

有限会社WINKS代表取締役

いわずとしれた、リッチ・シェフレンのナビゲーター。ザ・レスポンスブログにもポッドキャストによく出演されていますね。

6.真崎信吉氏

アートマチック株式会社代表取締役

日本トップレベルのウェブデザイナー。単にデザインされるだけでなく、「売れるランディングページ」を徹底的に追求しています。ダイレクト出版のLPもかなりたくさん請け負っています。その中にはあなたが見たことがあるページも、絶対に含まれています。

以上、6名の方がいらっしゃいました。

なぜこんなビッグな人たちが集まっていたかというと…

「中谷会」マスターマインド

この集まりは中谷さんを中心にトップマーケターが集まる「中谷会」というものでした。月1回、トップマーケターがこれまで実施した施策結果などを持ち寄って、意見交換を行う場です。

この中谷会が、今回私がいつもいる恵比寿のオフィスで開催されていました(このオフィスは楠瀬さんと真崎さんが共同で使っています)

私は、となりで聞いていたり、時には楠瀬さんの呼び出されて輪に入ったりなどしていました。ここでは、ものすごい情報がやり取りされているんです。

たとえば…

  • 最新のマーケティング事例で判明したとあるメディアの攻略法(たぶん日本で他に誰も知らない)
  • 事例を聞いたとき、トップマーケターが「何に反応するのか」→トップマーケターの視点がわかる
  • マーケティング業界の裏話。ぶっちゃけすぎるので、たぶん他のどこでも聞けない、、、

いつもは違う会場だったりもするみたいですが、今回は本当にラッキーでした。普通なら、この方々レベルのマーケターにならないと様子をうかがうことすらできない場です。たまたま会場がうちのオフィスだったということで、本当に偶然耳にできた内容が盛り沢山でした。

振り返ってみると、この中谷会という存在はあなたも知っていませんでしたか?Facebookで中谷さんや楠瀬さんをフォローしていると、たまに「中谷会がどうのこうの」と言っていたと思います。その時は「うわあ、この業界のトップともなるとこういう集まりに入れるんだなあ」と思っていました。ですが、本参加ではないにしろ同じ場にいれたことがとてもうれしいのです。

どうして桜井がこの場にいたのか?

これは、先ほどもお伝えしたように「うちのオフィスでやってたから」ということです。しかし大前提として、「このオフィスにいられる状態」でないと、話を漏れ聞くこともできなかったわけです。

なぜ私がこのオフィスにいれたか。それは「楠瀬健之と一緒に仕事をしているから」ということになります。

楠瀬さんにくっついて動いていると、かなりのビッグネームとお会いすることがたくさんあります。例えば、あなたはレスポンスゴールドを購読していますか?毎月、「実践者インタビュー」というものがついてきます。楠瀬さんが毎月、ダイレクトレスポンスやダン・ケネディの教えを実践している人たちをインタビューするという企画です。

実は、あの動画撮影は私がやっています、、、(見づらいときもあってすいません)

そうすると必然的に、インタビューされるようなレベルの人たちと面識ができるのです。

楠瀬パートナーになることのグリッケン

グリッケンとは「おまけ」のこと。AWAIのセールスライター通信講座初級編に出てきた言葉なので、あなたも聞いたことがあるかもしれません。

私は、楠瀬健之のパートナーをやっている最大のグリッケンが、こうした「出会い」だと思っています。

変な話、こうしたトップマーケターと親密になりたかったから、普通はその人の商品を買ったりセミナーを受けたりするしかないと思うんです。つまり金を払うということです。ですが、楠瀬のパートナーということで私は仕事を通じてお会いできています。

そしてこれも変な言い方ですが、お知り合いになっていればそこから仕事が生まれるかもしれません。事実、オフィスが同じ真崎さんはヤバイ量の仕事を受けています。真崎さんはウェブデザインしかやりませんので、それに付随するセールスライティングの仕事は誰かに振っています。

だからたまに言われるんです。「これ、桜井さんできる?」って…。

セールスライターには、スキルはもちろん必要です。しかし、トップマーケターたちはあまりスキルを重視していないそうです。それよりは「全力で取り組んでくれるか」が大切だと、みんな口をそろえて言います。だとすれば、お知り合いになっておき、信頼を獲得しておけば、仕事は自然に集まってくるのです。

トップマーケターのパートナーになる方法

では、どうしたらこうしたトップマーケターのパートナーになれるのでしょうか?すごいシンプルな方法は、これらトップマーケターの会社に就職面接に行くことです。社員として雇ってもらえれば、それはそのまま収入にもつながるし、この世界に飛び込むきっかけにもなります。

しかし、それは転職になりますよね。勤務地も選べないかもしれないし、今の仕事をいきなり辞めなくてはなりません。

もしあなたが…

  • トップマーケターと仕事がしたい!
  • でもいきなり東京に行ったり、転職したりはできない
  • あくまでセールスライティングをやっていきたい

このように思っているのなら…

ザ・セールスライター読者限定先行案内
楠瀬健之パートナー養成会を体験してみませんか?
明日木曜日には一般募集が開始してしまいます

 

詳細は今すぐこちらから確認してください。
↓↓↓

※この募集は、本日6月14日中であればこのページからしか応募できません。
定員が20名と限られていますので、ぜひ今日中にチェックしてください。

→募集は6月18日までですが、すでにもう一般で募集されてしまっています。

PS
長部さんの[卓球動画チャンネル]WRM-TVは、セールスライターなら必ず確認しておいたほうがいいです。

関連記事

コメントを残す