お荷物事業部が稼ぎ頭になった理由

From 古川馨

 

僕の前職は眼鏡屋なんですが、
入社した当時、ちょうどZoffなどの
低価格路線の店が登場した頃でした

今でこそ、JINSやオンデーズ
眼鏡市場など
低価格路線のお店が一般的ですが
当時は珍しかった。

眼鏡1本安くても3万円〜5万円。
遠近両用なら10万円以上が
当たり前だったので
5000円でメガネが買えるというのは
かなり衝撃的でした

僕が入ったその会社も
その低価格メガネブームに乗って
舵を切り始めたばかりの頃でした、

それまではいわゆる普通のメガネ店
宝石も一緒にやっていたので
どちらかというと
ちょっと大きめな個人の眼鏡店
みたいなイメージでした。

しかも、ぶっちゃけ売れてない。
会社の中ではお荷物事業部という扱い。
他の事業部からは
「私たちが稼いだお金で食べている」
と冷たい視線を向けられる、、、

そんな事業部でした。

 

今では普通の商品も一昔前は大ヒット商品

それが低価格メガネブームに乗って
価格を1本5000円
セットレンズ付きに変更してから
というもの、、、

大ブレイク

お客さんが殺到して大混乱。
朝のオープンから閉店まで
お昼休憩どころか
水も飲めないトイレもいけない
といった有様。

さらに、業務が全く終わらず
夜中の2時くらいまで
毎日のように残業。。。

ぶっちゃけ、今思えば
地獄のような忙しさでした。

そして、既存の店を低価格路線に次々とシフト。
それまで赤字を垂れ流すだけだったお店が
一気に黒字に大転換していきました。

 

あっという間にお荷物事業部が
会社の稼ぎ頭になり
勢いに乗った会社は
どんどん新規出店を繰り返します。

しかも、出す店出す店が大当たり
近隣に競合がゼロなので
爆発的に売れていきます。

それまで北海道に数店舗しかなかったお店が
一気に2倍、3倍に増え
ついには全国展開していくことに。
もうウハウハです。

数年後には北海道から九州まで
70店舗くらいにまでなりました
まさに低価格メガネのトレンドに乗って
大きく展開していったわけです。

 

トレンドに乗れるかどうかを分ける行為

やっぱりトレンドってハンパない。
トレンドさえ掴めば
赤字から黒字への大転換も
ビジネスを大きく展開させることもできる

めちゃめちゃパワフルですよね

あの時に、当時の社長が
このトレンドを掴まなかったら
あっという間にメガネ事業部は
なくなってたんだろうなと思います。

もし、あなたが今のビジネスを
大きく伸ばしていきたい
と思っているなら、
世の中のトレンドは常に把握しておいてください

常にトレンドに敏感になって
情報を集めるようにしてください

Googleトレンドやツイッターを見たり
テレビや雑誌などなど

世の中で流行っているものをチェックしたり
若者が注目しているものは
気にするようにしてください

自分には関係ない、、、

そんな風には思わないでください。
どこにビジネスチャンスが
転がっているかもわかりません

今でこそ、大企業となったユニクロも
20年前、フリースブームに乗ることで
大きく成長しました。

トレンドは1企業が大きく成長する
起爆剤となるのです。

もしかしたら、
今、目の前にもあなたのビジネスを大きく変えてくれる
トレンドの波が来ているかもしれませんよ。

Ps
今、僕たちが注目しているトレンドがあります。
これはかなりパワフルです。
しかも、まだまだビジネス参入が少ないので
結構、狙い目です。

もしかしたら、あなたのビジネスを
変えてくれるチャンスかもしれません。
↓↓↓
https://saleswriter.co.jp/short-movie-202202/

コメントを残す


CAPTCHA