2017/07/07

【S1グランプリ】「月刊くすのせ使ってみた」第二回大会開催中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先月はじめの方に「月刊くすのせ使ってみた」第一回大会の結果発表をしたばかりですが、さっそくS1グランプリ「月刊くすのせ使ってみた」第二回大会の開催です!

今回も読み応えのある記事がアップされているので、ぜひ読んでみてください!

S1グランプリとは?
楠瀬健之が主催する、セールスライターキャリア支援会で提供されている【月刊くすのせ】【オウンドメディアサイト】の両サポートを、実際に使ってみたり作ってみたりした時の様子を記事という形でリアルタイムに実況中継していく特設サイトです。

S1グランプリはコンテスト形式で開催されていきます。ですので、各大会ごとにチャンピオンを決定していきます。そして、毎年12月には各大会のチャンピオンが集結し年間チャンピオン大会を開催する予定です。
各大会、参加メンバーによる、マジな記事が投稿されていきますので、白熱した大会をお楽しみいただけること間違いなしです!
詳しくはこちら

今回も前回に引き続き「月刊くすのせ使ってみた」のコンテストです。

「クライアント候補者との面談」といった活動期間と、記事のライティング期間を合わせてもわずか20日間程度と非常にタイトスケジュールの中で、エントリーメンバーの皆さんには頑張っていただきました!ありがとうございました!

実際、「月刊くすのせ」というニュースレターは、セールスライターにとっての非常に強烈なクライアント獲得ツールなのですが、やはり使っていただけなければその効果を引き出してもらうことができません…

その使ってもらうきっかけとして、S1グランプリを活用いただきました!

今回は3名のセールスライターにエントリーいただいています。

うちお二人は第一回大会にも参加された谷野さん小西さん
もう一人は、ニューエントリーとなった中村さんです。

今回の参加人数は少なくなってしまいましたが、少ないからこそエントリーメンバー皆さんの記事をじっくり読むことができるはずです。

  • 谷野さんは、前回のクライアントさんとのやりとりの中で、一瞬反応が変わった瞬間を見逃さなかったようです。そこを突破口に「月刊くすのせ」を使いながら、どのようにクライアントさんに提案をしていくのか!?その結果は?
  • 小西さんは、友人の経営者への提案に「月刊くすのせ」を活用したようです。前回は踏み出せなかった「社長を前にしたプレゼンの場」という新しいステージ…どのように準備を進めてプレゼンに臨んだのか?その結果は?
  • 中村さんも、友人である社長に対して提案を行ったようです。かなり気合の入ったプレゼン資料を手に久々の商談…その結果は驚くように展開していくのでした。

いずれのメンバーさんの記事も、面白く読み応えもあり、楽しみながら読み進めることができました。

本当の本当に、ほんのここ2週間ほどで実際にクライアント獲得活動に臨んだセールスライターの実録レポートとなっています。

たまにセールスライター志望の方に「クライアント獲得活動って何をしていましたか?」と聞かれることがあるんですが…私は今日から「これを読んだらいいですよ」って言うことにします。

それくらい、新人セールスライターのクライアント獲得活動を具体的に追体験できる記事になっています。なので、もしあなたが「セールスライターになりたいけどクライアント獲得がネックだな…」と感じているなら、ぜひ読んでみてください!

とってもおすすめです。

お願い

こちらのS1グランプリですが、”いいね!”の数で優勝者を決めるコンテストという形式で開催しています。ですので、あなたも審査員として、”いいね!”と思った記事があれば、”いいね!”を押すことで参加してくれてると嬉しいです!

では、以下コンテスト概要となります。
コンテスト名
「月刊くすのせ使ってみた!2017」第2回大会
エントリー一覧ページ

↑こちらのページで参加メンバーのエントリー記事一覧が確認できます。

開催期間
2017年7月3日(月)〜2017年7月31日(月)

投票受付期間
2017年7月3日(月)〜2017年7月31日(月)

投票方法
・各参加メンバーの記事内に設置された「いいね!」ボタンを押すことで、投票となります。
・複数記事への投票は”可”です。「いいね!」と思った記事があれば、どんどん「いいね!」してください!

投票基準
・使ってみた結果や成果ではなく、取り組む姿勢を重視して”いいね!”を押してくれると嬉しいです。
・もちろん、成果や結果を投票基準にしても構いません。
・また、記事自体のライティング力を基準にしても大丈夫です。
・つまり、細かいことは抜きにしてあなたが「いいね!」と思った記事に「いいね!」を押してくれれば、それでOKです!

コメントを残す