2017/11/25

セールスコピーライターのひみつ仕事道具大公開!しかもイケてる風に見せられる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セールスライターとホワイトボード

こんにちは、スライムひなたです。

毎日、炭酸水を飲んでいるせいか、
恵比寿のオフィスに出入りされる
セールスコピーライターさんに
「意識高い系」認定されています。

炭酸水ウィルキンソン

意識高い系セールスライター

すでに
来年1月のカレンダーを表示させるあたりが、
さらに高い意識を醸し出しておりますが、

せっかく名誉ある称号をいただいたので、
さらに意識を高めてみたいと思います。

セールスライター集団「チーム楠瀬」に欠かせないアイテム

クライアントさんとの打ち合わせのみならず、
内部の打ち合わせでも必ずといって
使用されるアイテムがこちらです。

ホワイトボード

恵比寿オフィスの主

ホワイトボードさんです。

オフィス内でもひときわ存在感を
放っていらっしゃるお方ですが、

楠瀬さんの頭の中を映し出し、
メンバーに伝達する、
というとても重要な任務
担当されていらっしゃいます。

また楠瀬さんだけでなく
ここで打ち合わせをなさる方は、

とにかくどんどんアウトプットしながら
アイデアを膨らませたり、
情報を整理したりしています。

プレゼン資料をパワポで作って〜
という感じではなく、

その場、その瞬間に
どんどん組み上げていく
という感じが近いかもです。

また、
打ち合わせなどで使用していないときは、
こんな感じで自分の考えを整理するため
使用されています。

森さん

1人会議で頭の中をアウトプットする森さん

ホワイトボードでイケてる感を加速させる!

なんだかホワイトボードに
書き込みをしていると
頭が良くなったような
「イケてる」感じがする…。

それに、以前、Google本社の
壁一面がホワイトボードになっていて、
エンジニアさんたちが思いついたアイデアを
勝手に書き足していくシステム(?)のことも小耳に挟んだし…。

↓脳内イメージ

ホワイトボード

壁一面がホワイトボード!

壁に落書きをしているかのような
背徳感を感じながら、
背中に集まる熱い視線

カッコいい。
やりたい。

ですが、先述のホワイトボードさんは、
打ち合わせで頻繁に使われますし、
書き残しておくことができません。

だからといって
もう一台導入するのはコストもかかります。

「ダメか…。」

諦めかけたそのとき。

塾講師からセールスライターに
華麗なる転職を遂げた桜井氏が!

桜井さん「あ、壁に貼れるのありますよ?」

(゚Д゚)???貼れる?

そうは言っても賃貸オフィスですので
壁に穴を開けたりして
据え付けることはできません。

またオフィスの壁は
壁紙(クロス)が張られているので、
どう考えても接着ができる気配がありません。

意識高い系セールスライター化計画は
暗礁に乗り上げたかに思えました。

2,600円でオフィスをGoogle風にする

某スワイプファイルのように
「私が壁紙にも貼れるホワイトボードがあると言うとみんなが笑いました。」
的な感じで桜井さんがかたくなに譲らないので、

「何を言っているんだ?桜井さんは…」┐(´д`)┌

と思いながら、よくよく聞いてみると…

セーラーどこでもシート

どこでもシート!

ど・こ・で・も・シート!

こちら、
静電気で貼り付けられるので
なんと本当に壁紙の上からでも
貼れてしまうという優れものです。
(桜井さん、疑ってすいません。。)

幅60cmで20mもあるため、
部屋中の壁をホワイトボード化する
なんてこともできてしまいます。

お値段は、Amazonで2,600円。
(2017年11月現在)

通常ホワイトボードは
15,000円くらいするので約1/6です!

セーラーどこでもシート

ラップのように引き出し、ミシン目でお好きな長さに

実際にオフィスでは、
このように使われています。

ホワイトボード使用例

デザインチームのLP構想

こちらは、どこでもシートを使って
デザインチームのデザイナーさんたちに
LPのヘッドラインイメージを
お伝えしています。

こういったオフィスでの使用の場合、
情報を共有するという用途も
あるかと思いますが、

自宅でライティングしている場合であっても、
さきほどの森さんのように、
頭の中を整理するために使ってみたり、

スケジュールやアポイントメント、
追加リサーチする項目や
ビッグアイデアのメモなど

思いついた瞬間にささっと書いておく
といった使い方も
できるのではないかと思います。

手書きで書くことの効果はこちら↓でも。

これを壁に貼りまくれば、
あなたの自宅やオフィスも
あっという間にGoogleです…たぶん。

P.S.
「アウトプットの前にまずはインプットだ!」
という方はこちらの無料動画講座がおすすめです。

コメントを残す