なぜ選挙でセールスライターが活躍できるのか?

セールスライターと選挙

「市議会議員に俺はなる!」

と言い出し、選挙運動の準備をはじめたのは、、、

4歳年下の地元の後輩でした。

写真はイメージです。

写真はイメージです。

ある日、実家に顔を出すと・・・

ダイニングのテーブルの上に、市議会議員選挙にこれから立候補する人の資料、「討議資料」というのが何枚か置いてありました。

二つ折りとか三つ折りになっていて、立候補予定者の写真と名前、キャッチコピーが書いてある、皆様もおなじみのアレです。

ふと目に入った顔には、なんだか見覚えがあります。

討議資料を手に取り、よくよく見てみると、、、

「あっ!これ、後輩の〇〇君じゃん!」

そこには、よく知った後輩の写真と名前が印刷されていました。

「へぇ!あいつ立候補するんだぁ~!」

そう思いながら眺めていると、2枚目の討議資料に出ているのは、

なんと友達のオカン!

写真はもちろんイメージです・・・

写真はもちろんイメージです・・・

「そう言えば、あいつのオカンは現役の市議会議員だったなぁ・・・元気な人だなぁ・・・」

なんて思って次の討議資料を見ると、

今度は、知り合いの社長さんが出ているではありませんか!

今まで、討議資料というものを渡されても、正直じっくり中を見るなんてことはありませんでした。

 

しかし、、、

 

ここまで知り合いだらけだと、一体どんなことを主張し、どんなことが書かれているのか気になります。

そこで、手元にあった討議資料をならべ、中身を見比べてみることにしました。

討議資料に書いてあったのは、なんと・・・

まさにセールスレターでした!

資料の構成を見てみると、

  • キャッチコピー(ヘッドライン)
  • プロフィール(学歴、職歴、議員歴、有資格など)
  • 活動実績
  • 想い、主義、主張
  • USP(独自のストーリー)
  • 有権者のオファー、ベネフィット
  • CTA(コールトゥアクション)

まさにセールスレターそのものです。

討議資料は、選挙が始まる前の後援会活動であり、直接投票を呼びかけることはできないそうです。

つまり、具体的なコールトゥアクションは、あくまで

  • 応援してください。
  • 賛同してください。
  • 後援会へ入会してください。

になるようです。

しかし、たくさんいる立候補者(予定者)の中で、自分を売り込み、大切な未来の一票を獲得するというプロセスは、まさにセールスそのものです。

そう思うと、なんだかワクワクしてしまい、ついレビューしたくなってしまうのが、セールスライターのサガではないでしょうか?

セールスライターとして討議資料をレビューしてみると・・・

セールスライターが討議資料をレビューする

手元にある討議資料を、改めてセールスライター視線で見てみるといろいろな気付きがありました。

  • あ~全然誰に言っているのかわからないなぁ・・・とか
  • 良いことばかり言ってるけど、全然具体的じゃないし、説得力ないなぁ・・・とか

しかし、頼まれてもいないのに勝手にここでレビューするのも野暮ですので、内容は詳しく書きません。

ですが、もしあなたが今度、誰かの討議資料を手にすることがあったのなら、、、

ぜひ、セールスライターとしての視点でレビューしてみてください。

いろいろと改善点が見えてきて、面白いと思いますよ。

 

そして万が一、立候補する予定がある人から、討議資料のライティング依頼があったとすれば・・・

その時は、きっとセールスライティングのスキルを活かし、あなたが活躍することができるでしょう!

 

ちなみに、

 

アメリカでは大統領や政治家のスピーチを書く、スピーチライターという職業もあるようです。

もしあながたセールスライターを目指しているのなら、選挙用のコピーに挑戦して提案してみるのもありかもしれませんね!

 

P.S.

選挙専門のライターになるか、それとも誰かのビジネスのお手伝いをするか?

それはさておき、

もしあなたが、「セールスライター」という職業に興味があるのなら、、、

こちらで、セールスライターとして、理想の収入と、理想のライフスタイルを同時に手に入れることができる具体的なノウハウを公開しています。

ぜひチェックしてみてください。↓

現役で活躍するセールスライターが、どうやって様々な問題や悩みを乗り越えてきたのか?